お灸は従来のもぐさ100%のものだと取り扱いが難しく跡が残ることもあるので、あまり熱くない台座タイプを選ぶのがおすすめ。

出典女性の間で静かなブーム!セルフお灸をするにはどうすればいいの? | 健康生活

前へ 次へ