1. まとめトップ
  2. カラダ

ブツブツ・・・毛穴の開きを気にする人がやっておくべき正しいケア

鼻や頬のTゾーン周りの毛穴は女性にとっては大敵。それだけに、日々のケアは欠かせないところですが、汚れが溜まり、黒ずみのケアをやってもなかなか改善しない人も多いそうです。普段から肌に良かれと思ってやっていることのなかには、かえって毛穴の開きを悪化させてしまうNGケアをやっているかもしれない。

更新日: 2014年12月18日

1485 お気に入り 571887 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sun3355さん

お肌のブツブツ気になり始めると止まらない毛穴の開き

自分の手を見るのが嫌なんだよ。ブツブツした毛穴。気持ち悪い。

頬の毛穴がみかんみたいで嫌だ…これってどうにかならないのかなぁー…

顔の中でも際立って目立つ位置にあり、なおかつ毛穴トラブルが発生しやすい部分である鼻。

一番目につくパーツだからこそ、ニキビや黒ずみ、ブツブツとした角栓などが見えてしまうと気分まで落ち込んでしまうところではないでしょうか。

毛穴の開きの原因

毛穴の開きは、肌の乾燥や弾力の低下、毛穴に詰まった余分な皮脂や老廃物などが原因です。

余分な皮脂と、古い角質や汚れなどが混ざって毛穴に詰まっていたり、詰まった角栓の表面が酸化して毛穴の黒ずみがおこります。

肌の老化によるコラーゲンの減少や顔の筋力の低下で、肌とともに毛穴がたるむことが原因です。

ハリを失った肌は毛穴の周りがくぼんでしまうため、毛穴が広がり、汚れや皮脂がたまりやすくなります。

「乾燥肌」で乾燥ケアをしていないと、皮脂の過剰分泌に繋がり毛穴の開きの原因となってしまうのです。

肌の乾燥によって、角質が硬く、厚くなると、毛穴が細くなり、
ちょっとの皮脂でも詰まりやすくなります。

肌の乾燥や汚れによって、角質層がターンオーバーを行いにくい状態になってしまうと、古い細胞が剥がれ落ちずに周期を遅らせる原因になってしまいます。

本来皮脂は、皮膚を乾燥から守り、滑らかにしてくれる役割がありますが、皮膚のターンオーバーが滞ってしまったとき、毛穴トラブルが発生します。

肌細胞の新陳代謝をターンオーバーといい、正常な状態であれば、細胞が生まれてから剥がれ落ちるまで28日周期といわれています。

角質層の水分が不足すると、バリア機能が弱まってトラブルの起きやすい敏感肌になる上、角質がはがれやすくなって角栓による毛穴詰まりを起こしやすくなります。

敏感肌の原因は、肌の水分をキープする機能とバリア機能を担うセラミドという成分の不足で、外部から細菌などの刺激が入りやすい状態となっています。

最初は丸い形をしている毛穴ですが、コラーゲンなどの減少によって弾力がなくなる事で重力に引っ張られ、その面積が広がっていくと同時に、陥没し目立つようになってしまうのです。

お肌の基礎を築いている真皮層のコラーゲンやエラスチンの減少や、表情筋の衰え。真皮層のコラーゲンやエラスチンは、加齢の他、紫外線で減少してしまいます。

お肌のブツブツ毛穴を予防する方法

洗顔は、皮膚が動かないくらいの柔らかいタッチで十分です。

洗顔しすぎないは、皮脂を取りすぎたり、洗顔をしすぎても、余計に皮脂を分泌する原因となっている場合があるのです。

1 2