1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

冬場必見!いや〜な部屋干しの臭いを防ぐコツ!

寒い時期になり、洗濯物も部屋干しが多くなってきたと思います。そこで気になるのが部屋干しの嫌な臭い。そんな嫌な臭いを改善する方法をまとめてみました。大丈夫と思ってやっていたことも臭いに繋がっているかも…!?

更新日: 2014年12月19日

84 お気に入り 42502 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kazuking884さん

部屋干しの臭いがキツイ!!

あの独特な生乾き臭…

東に臭い臭い言ってたがジーパン部屋干し臭の疑い

そもそもなんで臭いがするの?

外干しに比べて部屋干しが臭いやすいのは、外で干すより乾きにくいので雑菌の繁殖に必要な水分が洗濯物に長く残っていること、そして日光(紫外線)による殺菌効果が期待できないことなどが原因として考えられます。

臭いを抑えるには?

簡単にいうと、早く乾かせれば臭いはつきにくいんです!!

汚れ”をしっかりとることと、“ニオイ菌”を繁殖させないことが重要。とくに“ニオイ菌”を繁殖させないことが大切です

洗濯物は洗濯が終わってから乾くまでの間に一番長く水分を溜めこんでいます。
濡れている間は水分に含まれた雑菌がどんどん増えていく…。
つまり、早く乾かすことで雑菌を減らすことができればニオイを防ぐことができるのです。

1.浴室に干す

浴室の換気扇や乾燥機能を使って洗濯物を干すのもおすすめです。洗濯物は間隔をあけて干し、浴槽のお湯を抜いて換気扇をまわします。

除湿機があれば風呂場に持ち込み、換気扇のスイッチを入れ、窓が付いているのであれば風呂場のドアを開け、窓は閉めて下さい。

2.除湿機やエアコンで除湿

エアコン暖房は室内の空気を乾燥させます。そこで洗濯物を部屋干しすれば洗濯物はよく乾き、部屋の加湿にもなって一石二鳥です。エアコンの風が直接当たる場所に干すとさらに乾きが速くなります。

房で温度を上げるとともに湿気もある程度とってくれるので早く乾かすことができます。

3.間隔はしっかりあける

洗濯物は風が当たる部分が広いほど早く乾きますから、洗濯物どうしの間隔は最低でも10cmくらいは空けましょう。

洗濯物が多くなると干す間隔が狭くなる。干す場所が少ない部屋干しでは洗濯物が少ないほど乾きやすいです。

4.分厚いものと薄いものを交互に干す

分厚いものを並べて干すと、なかなか乾きませんよね。なので、乾きやすいものと乾きにくいものを交互に並べて干しましょう。

5.アルコール除菌

そのひと手間とは、アルコールをスプレーで一吹き洗濯物にかけてあげることです

エタノールにお好みのエッセンシャルオイルを加えれば、よい香りのオリジナル除菌スプレーが完成です。ユーカリやティトゥリー、ペパーミントなど、抗菌効果があるといわれるオイルを選ぶのもおすすめ。

1 2