1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

赤ずきん、シンデレラ、ラプンツェルたちその後を描く映画『イントゥ・ザ・ウッズ』予告編が公開!

『アナと雪の女王』で驚異的な大ヒットを記録したディズニーが、満を持して贈る最新ミュージカル映画『イントゥ・ザ・ウッズ』が、2015年3月14日に公開となります。それに先駆けて、少しビタースイートな予告編が解禁となりました。

更新日: 2014年12月19日

826 お気に入り 298950 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

momokan1981さん

最新ディズニー映画『イントゥ・ザ・ウッズ』の予告編映像が公開

予告編はシンデレラ、赤ずきん、ジャック(ジャックと豆の木)の「I wish(私の願いは)」というセリフからスタートするも、メリル・ストリープ扮する魔女から「願いを叶えたいのかい?」と妖しくささやかれるなど、冒頭からおどろおどろしい内容。

これまでのディズニーとはひと味違った内容

予告編の後半には、“森”を1人疾走するラプンツェル、なぜか王子から逃げ出したシンデレラが“森”で「こんなはずじゃなかったの……」と意味深な言葉を口にする場面も。

さらに、エミリー・ブラント演じるパン屋の妻の「ハッピーエンドが待っているわ」という言葉に対し、魔女(ストリープ)は「それはどうかしら」と驚愕の否定的な言葉を発している

予告には“オオカミ”役で話題を呼んだジョニー・デップもふわふわ尻尾で登場し、ゴージャスな予告編にいっそう華を添えているが、この物語は単純に、おとぎ話のハッピーエンドのその先を描いたものではない様子だ

えっ、ハッピーエンドじゃないの…

同時にポスタービジュアルも公開

魔女:メリル・ストリープ
赤ずきん:リラ・クロフォード
オオカミ:ジョニー・デップ
シンデレラ:アナ・ケンドリック
王子:クリス・パイン
ラプンツェル:マッケンジー・マウジー
ジャック:ダニエル・ハトルストーン

などなど

解禁となったポスタービジュアルには「“おとぎ話の主人公たち”のその後…」と大きく記され、魔女を演じるメリル・ストリープをはじめ、豪華スターたちが演じる「赤ずきん」「シンデレラ」「ラプンツェル」といったキャラが並ぶ

映画の内容は?

映画が描くのはシンデレラ、ラプンツェル、赤ずきんといった、願いを叶えたはずのおとぎ話の主人公たちを待ち受けていた驚くべき運命。あのディズニーが「めでたし めでたし」の“その後”を描いた、大人のためのミュージカルだ

“あの”ディズニーが「めでたし めでたし」の“その後”を描き、キャストにはメリル・ストリープ、ジョニー・デップ、そして『シカゴ』のロブ・マーシャル監督がメガホンを取る注目作となっている

ディズニー映画はハッピーエンドが大原則でした

制作陣は

キャストにはメリル・ストリープ、ジョニー・デップ、エミリー・ブラント、クリス・パインらが名を連ね、メガホンをとるのは『シカゴ』のロブ・マーシャル監督

自他共に認めるボブ・フォッシーのファンであり、かねてから構想を練ってきた彼の代表作『シカゴ』を2002年に映画化。振り付けも担当し、2003年アカデミー賞では最優秀助演女優賞(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)、最優秀美術賞、最優秀衣装賞、最優秀編集賞、最優秀音響賞、最優秀作品賞の6部門でオスカーを獲得した。続く『SAYURI』でも舞踊の振り付けを担当した。また、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの4作目でメガホンを取る

監督はジョニー・デップに「狼」役のついて

独自の美的感覚で知られるジョニー・デップだけあり、「赤ずきん」の“オオカミ”も、ちらりとのぞく赤のポケット・チーフのアクセントを効かせたスマートなスーツを着こなし、ジョニーのトレード・マークともいえる帽子を身に着けています。そこには、狼の耳も尻尾もしっかりついています

ジョニー・デップの起用について監督のロブ・マーシャルは「ジョニー・デップには『パイレーツ・オブ・カリビアン:生命の泉』で共に仕事をした直後に、狼役を演じてくれるよう依頼して、すぐにイエスと言ってもらえたのです。現在、彼のように本当の意味で独創性を持ち、楽しさに溢れ、大胆でエキサイティングな俳優はいません。言うまでもなく、彼は寛大でやさしさにも満ちています。」と語っています。

元はミュージカルでした

イントゥ・ザ・ウッズ(Into the Woods)は、1987年初演のブロードウェイミュージカル。作詞・作曲スティーブン・ソンドハイム、台本ジェイムズ・ラパイン

パン屋の夫婦は、魔女の呪いのせいで子どもが授からないでいた。呪いをとくためには、ミルクのように白い牛、赤い頭巾、黄色い毛、金色の靴が必要だと言う。夫婦はそれらを探すために森の中へと入っていく。そこでシンデレラ、赤ずきん、ジャックと豆の木、ラプンツェルなどの童話の登場人物たちと出会う。

こんなあらすじ

強いメッセージが込められている

本作には「人生は“願いが叶ってめでたし、めでたし”では終わらない」という、現代に生きる人々への痛烈なメッセージが込められている

予告を見た人たちの声

イントゥ・ザ・ウッズめっちゃみたい ラプンツェルとかシンデレラとか実写版で出てくる ストーリーもかなりおもしろそう!絶対みる(((o(*゚▽゚*)o))) 予告【youtu.be/3enCxOaRht4pic.twitter.com/EBmKyvLQyj

1 2