1. まとめトップ

【グッジョブ!】ふるさと納税の確定申告が簡単に!?【9割キャッシュバック】

静かなブームを巻き起こしている「ふるさと納税」。確定申告が必要だったためやや敷居が高かったが与党が地方創生の目玉として「ふるさと納税」が簡単に利用できる法案を検討している。

更新日: 2015年01月24日

3 お気に入り 3580 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ついにPCやタブレット、液晶までもらえる!

長野県飯山市の「ふるさと納税(ふるさと寄付金)」の特典に、同社のデスクトップPC、ノートPC、タブレットPC、液晶ディスプレイが採用されたと発表した。

地方創生の目玉として案があがっている

安倍政権が掲げる「地方創生」の一環。サラリーマンも活用しやすくし、地域活性化につなげる狙いだ。
今回創設するのは「ふるさと納税ワンストップ特例制度」

ふるさと納税って?

簡単に言うと地王自治体にお金を寄付すると商品とお金が返ってくるお得な制度。

都道府県・市区町村に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分について、一定限度額まで、原則として所得税と合わせて全額が控除されます。

人気で手に入りにくい商品も

4万円の寄付で3万5千円返ってくるので
上記商品を4つ(4万円分)寄付しても実質5千円ほどで手に入る計算だ。

※収入や家族構成によって変わります

確定申告が面倒で手が出しにくかった

与党自民党はふるさと納税の確定申告を簡素化する方針

納税手続きを簡素化するため、税務署への確定申告を不要とし、寄付した自治体への申請だけで済む

新たな特例制度は、利用者が求めれば、寄付を受けた自治体が、利用者の居住自治体に対し、住民税の減税手続きを代行する。

つまり自分の住む地域の役所に申請するだけで確定申告せずに税金が戻ってくるようになるかもしれない
ということ。

控除額上限をアップし購入額もアップされる

「ふるさと納税」の控除額の上限を引き上げ、制度を拡充する方針
菅義偉官房長官が「額を2倍にすることや手続きを簡単にすることを含めて取り組んでいきたい」と述べた

ふるさと納税の記念品のりんご来たー!つがるから。すばらしい香り〜。 pic.twitter.com/x56FDv6wU8

ふるさと納税の返礼品が続々届いています。山形牛にラフランスとピーチアイス詰め合わせ、鯛茶漬け。冷凍庫を片付けないとこれからまだ届く商品が入らなくなっちゃいそう。今日のお昼はさっそく鯛茶漬けを頂きました^_^ pic.twitter.com/Vp5UVUr6oN

ふるさと納税第ニ便のイクラちゃんが届きました爆弾低気圧で大変なときに、新冠町の方々ありがとうございます。そして、主人の実家から、和牛ローストビーフとトンテキが~(*^o^)/\(^-^*)Christmasのメインに pic.twitter.com/mzRVwGWjzv

石巻のふるさと納税で 伊達のたら子を選んでくれた方から メッセージをいただきました✧✧ すごく嬉しいです‼︎ #石巻 #ふるさと納税 #たらこ #明太子 pic.twitter.com/My0lyMVmzi

ふるさと納税特典、西ノ原牧場の牛さん。きれいだなぁ。明日は全力で食べちゃる。 pic.twitter.com/24C6QjfZ8i

1