1. まとめトップ

エクセルのプルダウン設定/解除

EXCEL(エクセル)でプルダウンメニューを使いたいと思った事がありませんか?プルダウンメニューを作るのはとても簡単です。設定方法を説明しますので参考にしていただければ幸いです。

更新日: 2016年03月04日

buhi21さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 116574 view
お気に入り追加

エクセルのプルダウン設定

エクセルでプルダウンメニューを作る方法は2種類あります。メニューに登録する文字列をカンマ区切りで直接入力する方法と、エクセルシートにリストアップした文字列を選択する方法です。

例で誕生日入力でよく使う「明治・大正・昭和・平成」のプルダウンメニューを作ります。初めてプルダウンメニューを作る人には参考になると思います。

メニューに登録する文字列をカンマ区切りで直接入力する方法

プルダウンメニューに登録する文字列を、カンマ区切りで直接入力する方法です。

これからA1のセルにプルダウンメニューを作成します。

メニュー「データ」→データツール内の「データの入力規則」をクリックします。

「データの入力規則」画面が開くので、「設定」→「入力値の種類」を「すべての値」から「リスト」に変更します。

「入力値の種類」を「リスト」に変更すると「元の値」を入力できるようになります。

ここにプルダウンメニューに登録する文字列を入力します。

例として元号をカンマ区切りで入力しました。
入力後「OK」ボタンを押します。

セルA1にプルダウンメニューが完成しました。

エクセルシートにリストアップした文字列を選択する方法

エクセルシートにリストアップした文字列を選択する方法です。
一つ注意しなくてはいけないのが、プルダウンメニュー完成後に、リストアップした文字列を消すとメニューの値も消えてしまいます。
個人的には文字列は別シートにリストアップし管理する方がいいと思います。

D1~D4に元号を入力します。

メニュー「データ」→データツール内の「データの入力規則」をクリックします。

「データの入力規則」画面が開くので、「設定」→「入力値の種類」を「すべての値」から「リスト」に変更します。

「入力値の種類」を「リスト」に変更すると「元の値」を入力できるようになります。

「元の値」入力欄をクリックし、入力できる状態にします。

元号をマウスで選択します。

選択すると、図のように値の位置が自動的に入力されます。

入力されたことを確認後、「OK」ボタンを押します。

セルA1にプルダウンメニューが完成しました。

注意)元の文字列を消すとプルダウンメニューの値も消えてしまいます。

プルダウンメニューを解除する方法

プルダウンメニューを解除する方法です。
入力値を削除するだけで簡単に解除する事ができます。

プルダウンメニューを解除します。

先ほど作ったセルA1を選択します。

メニュー「データ」→データツール内の「データの入力規則」をクリックします。

左下の「すべてクリア」をクリックします。

「元の値」がクリアされたことを確認し「OK」ボタンを押します。

セルA1のプルダウンメニューが解除されたことを確認します。

1





buhi21さん

旅行と料理が趣味です。皆さんに役に立つまとめを作るよう頑張ります。
よろしくお願いします。