1. まとめトップ

昭和30年代

昭和34年(1959年)3月17日、歴史上初めての週刊マンガ、少年サンデーは創刊された。

サンデー創刊号のラインナップはトキワ荘系のマンガ家が多かった。

小学館が少年サンデーを創刊するという話を聞き、ライバルである講談社も週刊マンガを創刊することに。
少年マガジンは無事、少年サンデーと同じ日に創刊できた。
しかし人気マンガ家はサンデーにとられていて、売り上げでは負けてしまう。

出だし好調のサンデーは昭和37年に赤塚不二夫の「おそ松くん」を連載。
シェーが流行語になるほどの大ヒットをとばす。

さらにサンデーは昭和38年には寺田ヒロオの「暗闇五段」連載開始。
後に実写テレビ化されるほど人気に。

しかし、寺田ヒロオは「おそ松くん」のようなマンガが許せず筆を折ることに。
マンガを描くのをやめてしまう。

昭和39年には藤子不二雄の「オバケのQ太郎」が連載開始。
後にアニメ化もされ大ヒット。「おそ松くん」とともにサンデーの看板マンガになった。

昭和38年、第三の週刊マンガ、少年キング創刊。

昭和39年に石森章太郎の「サイボーグ009」、キングにて連載開始。

昭和40年代

昭和40年1月1日号のマガジンで始まったのが、風田朗「レインボー戦隊」は、アニメとのタイアップ作品。
風田朗は鈴木伸一のペンネームだが、実際は石森章太郎と藤子不二雄がメインで描いている。

昭和40年にマガジンに掲載された手塚治虫の「w3」は突如打ち切られ、サンデーで設定を変更して連載された。
手塚治虫がアニメ企画を盗作された「宇宙少年ソラン」と一緒には連載したくないと言ったからである。
これが俗に言う「w3事件」だ。

これをきっかけにマガジンはサンデーのような少年マンガから離れ、貸本マンガ家を起用する。
水木しげるの「墓場の鬼太郎」(昭和40年)、さいとう・たかをの「無用の介」(昭和42年)は劇画ブームを巻き起こす。
「巨人の星」(昭和41年)、「あしたのジョー」(昭和43年)の梶原一騎の2大スポ根マンガも大人気。
サンデーに売り上げで負けていたマガジンだったが追い抜き、昭和42年1月には100万部を突破した。
そんなさなか昭和42年に始まったのが赤塚不二夫の「天才バカボン」だ。

昭和42年にはサンデーにも「もーれつア太郎」を連載。

1 2 3