1. まとめトップ

烏龍茶(ウーロン茶)といえば福建省!ところで福建省ってどんなとこ?

烏龍茶というば福建省というイメージを多く持っておられる方は多いのではないでしょうか?しかし、ほとんどの方が言葉しか知らないのでは?福建省についてまとめてみました♪

更新日: 2014年12月20日

2 お気に入り 8680 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼福建省はどこにある?

中国の省の一つで、大部分を中華人民共和国が統治し、一部の島嶼を中華民国(台湾)が統治している。省都は福州市。

▼観光スポット

山水の名勝として有名で、黄山、桂林と並び中国人が人生一度は訪れたいとされる場所の一つとされる。1999年以降ユネスコの世界遺産に登録。年間350万人の観光客が訪れている。

中国福建省南西部の山岳地域にある、客家その他の人々による独特の版築建築物。客家土楼(はっかどろう)ともいう。12世紀から20世紀にかけて建てられたものがほとんどである。
これらは2008年、福建の土楼として、ユネスコの世界遺産に登録された。

鼓浪嶼は、中華人民共和国の廈門市にある島。現地で話される閩南語の発音に基づいてコロンス島とも呼ばれる。 廈門は、アヘン戦争後の1842年に結ばれた南京条約で開港した5港の一つであったが、島には領事館が置かれ、西洋人が多く住んでいた。現在も洋館や教会などが存在する。バイク走行禁止とされている。

@yoromekiJun 未だに38度前後をウロウロ(笑) 今日は公休だったんだね!コロンス島意外と楽しい!ヒトデって食べれるんだ… 。

東引郷は中華民国福建省連江県の郷。 楽華村が東引郷の行政・経済の中心地である。

▼特産品

烏龍茶、鉄観音茶、龍井緑茶といったお茶が有名。

木の根に彫刻を施した根雕が有名。

▼宿泊施設

何度も泊まっていますが、アモイで一番好きなホテルです。
建物は少し古くなりましたが、清潔で快適な室内です。

アモイ鷺江ホテルは中心地である鷺江道54号に位置し、税関、貿易区、商業、金融センター、及びコロンス島に近い。交通が便利である。各種類のルームを提供し、レストラン、ビジネスセンター、多功能室、中小会議室がある。
開業 :1985。 内装 :。客室数:153

コロンス島が一望できるホテルです。眺めが最高なので、シービューのお部屋に宿泊して欲しいです。インテリアもシノワズリ調で、おしゃれです。

日本人取扱人数福建省トップを誇るアモイの中心に位置するホテル。観光地にもアクセスがよく、空港からは車で約20分。(ホテル⇒空港の無料送迎サービスあり)商業施設、レストランなどの設備も充実し、客室にはTOTO製ウォシュレット完備、24時間日本語ホットラインサービスなど日本人が快適に過ごせるよう配慮している。

部屋は、トイレにウォシュレットがあるのは日本人にはうれしいです。受付には日本語を話すスタッフも居ましたので、言葉の面では壁がありませんでした。
日本人客も多く利用しているようで、朝食時にはあちこちで日本語が聞こえてきました。

1