1. まとめトップ

シャワーで済ませてない?お風呂に浸かる8つのメリット

毎日シャワーだけで済ませていませんか?一日の終わりの夜に湯船に浸かることは健康や美容、そして心にも良いことだらけ。湯船に浸かることで得られる効果・メリットを紹介します。

更新日: 2016年11月09日

18 お気に入り 345342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rii8saさん

湯船に浸かっていますか?

最近忙しいから…面倒くさいから…とシャワーだけで済ませている人ももしかして多いのでは?

健康の為にも美容の為にも、湯船に浸かることはとってもおすすめです。

10分浸かるだけでも効果アリ

実は10分入浴するだけで、十分な効果を得ることができるそう。
湯船に浸かる習慣がない方でも、10分なら続けられそうな気がしませんか?

比較的温かいお風呂に10分程度つかるだけで80キロカロリー(ジョギング20分に匹敵)も消費するといわれています。

湯船に浸かるメリット

▼体の汚れが落ちやすくなる

お湯につかり体が温まると、毛穴が開き、毛穴に詰まっている脂や汚れ、また皮膚の表面に付着している老廃角質が柔らかくなり、タオルなどで容易に落とせます。こうすることにより、皮膚の重要な役目である体温調節や汗の蒸発がスムーズに行われ、皮膚の機能が十分に働くようになり、入浴後のサッパリした爽快感が得られます。

血管が拡がり、栄養や酸素が豊富な血液が全身に送られやすくなり、新陳代謝が活発になり、からだの中にたまっている老廃物を洗い流す。

皮膚の重要な役目である体温調節や汗の蒸発がスムーズに行われ、皮膚の機能が十分に働くようになり、入浴後のサッパリした爽快感が得られます。

▼体の疲れをとる

血行が促進されると体内の廃棄物や乳酸などの疲労物質がより早く排出されやすくなります。そのため、疲れが取れ、回復が早くなる

肩凝りや腰痛は、冷えや長時間のデスクワークなどで緊張した筋肉や間接に疲労物質がたまり、それが欠陥を圧迫することで起こるといわれています。血行が良くなると、それらの疲労物質を対外へ排出しやすくなるので、肩凝りや腰痛の緩和につながります。

▼基礎代謝がアップする

生命維持のための活動で消費されるエネルギー、基礎代謝。その量は年齢とともに減ってしまいます。その結果太りやすくなるだけでなく、体のさまざまな機能も低下してしまう

血行促進や発汗効果のある半身浴を継続することで細胞が活発化し、この代謝を上げることができます。

▼マッサージ効果で、むくみがとれやすくなる

水中は水の深さによって水圧が加わります。一般的なお風呂の湯船でも水圧でウエストが5cmも細くなると言われているので、それなりの水圧ですよね。この水の水圧を「静水圧」と呼びます。

静水圧はマッサージと同じ効果があると言われており、水圧のかかった血流はスピードアップ。たくさんの血液が体中に流れ、豊富な酸素や栄養が体の隅々までしっかり届くようになります。

湯船に浸かることで得る水圧が自然な刺激となり、むくみがとれやすくなるのです。

▼肌がきれいになる

肌の一番外側にある表皮細胞は約30日周期で古い角質が自然に剥がれ落ち、新しい細胞に生まれ変わります。しかしその下の真皮層の血行が悪いと、このサイクルがうまく働かず、肌荒れの原因に。

サイクルをきちんと機能させるとともに、老廃物をしっかり排出できれば吹き出物が出なくなり、肌の透明感もアップします。

40~42℃の熱めのお湯に浸かると、ヒートショックプロテインというたんぱく質が増えていきます。実はこのたんぱく質には、コラーゲンの減少を止める働きがあるので美肌効果抜群

1 2