1. まとめトップ

【U.K】イギリス生まれのおしゃれブランド11選!【英国】

ブリティッシュファッションカルチャーに欠かせないブランド11選!ファッション雑貨からアパレル、老舗やファストファッションまで。個人的に好きなものを多くピックアップしてみました、秋冬向けアイテム多し。

更新日: 2018年04月28日

469 お気に入り 3505891 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

REI1024さん

流行りのユニオンジャックモチーフはもちろん、タータンチェックやアーガイル、ツイード、ロンドンジャケット、モッズコートにチェスターコート、ベレー帽、プリーツのスカート、リバティー…紅茶や薔薇や不思議の国のアリス、ダブルデッカー。
イギリスは素敵なファッションモチーフで溢れています!

▼イギリス生まれのおしゃれブランド11選!

トラッドなものや伝統的なもの、クラシック、英国少年少女に英国紳士、プレッピー、モッズ、パンクス、そしてロンドンガール!

スタイリッシュなイギリスにはおしゃれなファションブランドがたくさんあります!

EU離脱で、物流や価格の変動が懸念されるイギリスのブランド。
イギリスのデザイナーやファッション業界関係者の中では、離脱に落胆する声もあるのだとか。

ただ、バーバリーや一部ブランドが安く買えるかも!という話も耳にします。

今後の動きにも注目ですね。

1【Vivienne Westwood/ヴィヴィアンウエストウッド】

Vivienne Westwood【ヴィヴィアンウエストウッド】は、イギリスのパンクファッションブランド。ヴィヴィアン・イザベル・スウェアによって設立される。70年代後半になると、ヴィヴィアンウエストウッドはイギリスのアヴァンギャルドの象徴となる。

カルチャートレンドの最前線で活躍しています。
SEX PISTOLSやマルコムの存在もあって、パンクスファッションのアイコン的存在です。

ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールドレーベル 、ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル、ヴィヴィアン・ウエストウッド マン 、アングロマニア が主なブランドとして存在。「反逆性とエレガンス」を兼ね備えた世界観が特徴的。「王冠」と「地球」をモチーフにした"オーブ"がトレードマーク。

2014年3月、ラフォーレ原宿に日本初のアングロマニアがオープンし、ますます盛り上がっています。

パンク系、モード系、サロン系、古着系、原宿系、ギャル系、そしてヴジュアル系…日本のポップカルチャーを席巻するブランドと言っても過言ではないでしょう。

アヴァンギャルドでエッジーなヴィヴィアンさま。
ご本人もとてもパンク。
最近は、キャメロン首相邸宅にレンタル戦車で乗り込んだりしました…!

クラシックでエレガントなスーツ…でも、シルエットやスカートのカットがアバンギャルドで挑戦的。

タータンチェックやレオパードなどの柄物多し。
流行りのタッキースタイルにも。

ヴィヴィアンらしいユニオンジャックの傘。

ヴィヴィアンのお財布。
欲しい…!

スクイグル柄のショルダーバッグ。

2【BURBERRY/バーバリー】

1856年、トーマス・バーバリーがイギリス、ハンプシャー州のベイジングストークに洋装店を開いたのが始まり。1880年当時、農民たちが汚れ防止のために羽織っていた上着をヒントに「ギャバジン」と呼ばれる、耐久性、防水性に優れた新素材を開発。

バーバリーはデザインだけではなく、素材にも定評があります。
デザインや斬新さだけでは、アパレルは語れません。

1911年に人類で初めて南極に到達したアムンゼンが防寒具として使用し、第一次世界大戦ではトレンチコートを英国陸海軍が採用。

生地にかなりのこだわりがあります。
英国王室御用達なのも頷けますね!

クラシックで洗練されたスタイル。
ベージュのトレンチコート&タータンチェックのマフラーのイメージが強いですね。

ちなみに、トラッドでキレイ目路線のせいか「脱オタ」できるブランドとしてもオススメらしいです。笑

定番のチェック柄。
イギリスらしくて良いですね〜。
最初はトレンチコートの裏地として採用されたそう。

スタンダードで控えめなイメージですが、ビビッドな差し色やモダンな柄ともばっちり。

バーバリーのダウンジャケット。
ネイビーもプレッピーな印象で素敵。

3【Paul Smith/ポールスミス】

英国の伝統的なスタイルにウィットやユーモアといった遊び心をスパイスとして加え、実用的でありながらも大胆な色使いで着る人がポジティブに楽しめる服。 いつも人を楽しませたいというユーモラスな彼の性格と、アートや建築、写真を中心とした多岐にわたる彼の興味の全てがインスピレーションの源になっています。

このユーモアとやらがまたオシャレなんですよね〜。

ともすれば古色蒼然とした堅苦しい印象を与えがちであった英国の伝統的なメンズウェアに、モダンなファッションアイテムとしての新たな価値を見出すと同時にスーツをはじめとする英国の伝統的なメンズウェアの良さを世界に再認識させた。

伝統的な英国メンズウエアがベース。

定番のウォレット。
見よ、この洗練された遊び心!

お茶目なネクタイは、オシャレな彼へのプレゼントにも良いかも…!

1 2 3 4