1. まとめトップ

可憐な乙女から、大人の陰のある女性も演じられる、大輪の花のような元宝塚歌劇団雪組トップ娘役 鮎ゆうき

1988年『風と共に去りぬ』新人公演ではスカーレット、同じ年のバウホール公演『おもかげ草紙』で杜けあきの相手役に抜擢され、娘役スターとしての新境地を開く。同年、神奈美帆の後を継いでトップ娘役就任。

更新日: 2016年05月28日

0 お気に入り 15116 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jiye195623さん

名神保 美樹子(じんぼ みきこ)
別名義ミキコ
生年月日1966年2月21日
出生地 日本・東京都江戸川区
血液型O
職業女優
ジャンル舞台・テレビドラマ
活動期間1985年 -
活動内容1985年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
1987年:娘役に転向
1988年:雪組トップ娘役就任
1991年:宝塚歌劇団を退団、以降女優として活躍
2001年:神保悟志と結婚
配偶者神保悟志
主な作品
舞台
華麗なるギャツビー
ドラマ
新幹線物語'93夏
温泉へ行こう
偽りの花園

宝塚歌劇歴代のベルサイユのばらでの小公女役は、研3~5の将来有望な娘役さんが抜擢されていますが、なかでも一番衣装が豪華だったのが1989年雪組の鮎 ゆうきさんでした。
他の組などは、あれほど きらきらとした衣装の小公女は見たことがありません。

初の再演ということでしたし、美しく整ったお顔立ちの鮎ちゃんのためのドレスはどれもかわいくて素晴らしいものでした。
お衣裳のライン一本から変わるタカラヅカですし、当時の大人の事情や鮎ちゃんの扱いが顕著にでていると思います。

和洋国府台女子高等学校1年終了時に宝塚音楽学校合格。1985年、同校を卒業し71期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は36番。『愛あれば命は永遠に』で初舞台。同期生に愛華みれ(元花組トップスター)、真琴つばさ(元月組トップスター)、稔幸(元星組トップスター)、轟悠(元雪組トップスター)など。雪組配属後の『愛のカレードスコープ』新人公演で役がつくなど、新進の男役として注目される。
男役時代の作品・配役に『サマルカンドの赤いばら』のバルフ王子役などがある。1987年に放送されたTBSのドラマ『あなたもスターになりますか』出演(ヒロインを演じる)を機に娘役に転向。

1988年『風と共に去りぬ』新人公演ではスカーレット、同じ年のバウホール公演『おもかげ草紙』で杜けあきの相手役に抜擢され、娘役スターとしての新境地を開く。同年、神奈美帆の後を継いでトップ娘役就任。雪組生え抜きのトップ娘役は1970年就任の摩耶明美&高宮沙千以来18年ぶりで、男役出身のトップ娘役は1982年に就任した元星組トップ娘役・姿晴香以来7年ぶりだった。1989年『ムッシュ・ド・巴里/ラ・パッション』が披露作となる。以降『ベルサイユのばら』ロザリー役などで活躍。
1991年12月26日、『華麗なるギャツビー/ラバーズ・コンチェルト』東京公演千秋楽を最後に当時の雪組組長・真咲佳子と共に退団。
その後数々のドラマに出演。私生活ではTBS系の『温泉へ行こう』で共演した俳優、神保悟志と2001年に結婚。出産・育児(娘が二人いる)等による活動休止を挟んで芸能生活のかたわら主婦業をこなしている。

1