1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

妻夫木聡(34)映画『バンクーバーの朝日』の初日舞台あいさつで感極まる!

2014年12月20日映画「バンクーバーの朝日」初日舞台あいさつが行われた。妻夫木は指に骨折しながらも作品に打ち込んだ思いに感極まって男泣き!それだけ魂の演技をした証。注目の舞台あいさつになった。

更新日: 2014年12月22日

a2o2さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 39561 view
お気に入り追加

妻夫木初日舞台あいさつで感極まる

妻夫木は、本作に込めた思いを観客に伝えようとするも、こみ上げてくる思いに何度も言葉を詰まらせ、観客の涙を誘った。

「目の前のことに本気になることに逃げないでください。一生懸命になっている人って、本当にかっこいいです」

スタッフやキャストが一丸になって作品に思いを込めたことを強調していた妻夫木

指を骨折

「合宿の時に(左手中指に)ヒビを入れてしまって一時、野球ができなくなった」と告白

「撮影で使っていたグローブが当時(1900年代初頭)のものを再現していて、革が薄くて、そのなかで無理して捕球しに行ったら先端の指に当たってしまって…」

劇中で野球チームのキャプテンとして熱い演技をみせた妻夫木は、大勢の観客を前に“男泣き”した。

「無理して取りに行ったら、指の先端にヒビが入ってしまって。しばらく練習できなかったけど、その時は、野球を上手くならなきゃってことよりも、野球が好きなんだと感じました」と振り返った。

舞台挨拶で

妻夫木は、共演の亀梨和也、勝地涼、上地雄輔、池松壮亮、高畑充希、佐藤浩市、石井裕也監督とともに、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇2での舞台挨拶

KAT―TUNの亀梨和也(28)らも登壇

共演の亀梨和也(28)に肩を抱かれながら話し、大きな拍手を浴びた。

ムードメーカーの上地はキャッチャー役だったが「亀梨くん、時速170kmくらい出てたんじゃないかな。手が腫れて大変だった」と言うと、亀梨が「そしたらメジャー行ってるわ」と突っ込み

ボールを客席に投げ入れ

出席者らは「Asahi」と書かれたボールを客席に投げ入れたが、客席の両親を狙って投げたという妻夫木は「オヤジが痛恨のミスキャッチをしました」と笑わせた。

1 2





a2o2さん

ぷーちなスリルに身をまかせすぎた…