1. まとめトップ

レトロかわいい懐かしの「文化人形」とは?画像もまとめてみました

大正から昭和初期頃に少女達の心を鷲掴みにしたと言われている文化人形について調べました。今もその魅力はあせることなく輝き続けています。かわいいお人形達に魅了されること必至です。

更新日: 2014年12月22日

17 お気に入り 36137 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

文化人形って?

史実資料が現存しないため、文化人形の歴史ははっきりとはわかっていないそうです

大正から昭和初期にかけて作られた、洋装の布製の人形のこと。ぶらぶら人形とも。
また、それらを模して作られた人形のこと。
文化人形の「文化」とは、文化住宅、文化包丁など様々な派生語を生んだ、当時の流行語。

『火垂るの墓』で女の子が抱いていた人形と言えば御存知の方も多いかと思います

大正時代から主にデパートのおもちゃに屋さんに売られていましたが
一般庶民には手の届かない値段だったそうです。
文化人形を欲しがる子どものために母親が余り物の布などで工夫して作っていました。

お顔は絵の具で手書きされているそうです

東洋人にはないぱっちりとした大きな目、しかし西洋人のような碧眼ではなく、白目の部分に水色を差して、全体は黑目となっている。服の色は子供を守るという迷信から赤がよく使われる(これはもともと中国の迷信かもしれない。)スカートにひらひらのフリル、大きなボンネット、すらりと伸びた長い足、手と足の印のリボン。必ず靴を履いている。

文化人形はお母さんからもらったのーお母さんが昔これで遊んでたんだってー

おばあちゃまやおかあさまの子供の頃の写真でみかけたり、譲り受けた方もいるのではないでしょうか?

現代でも文化人形を作成する人形作家さんがいます

昨今のレトロブームにより、文化人形は今でも高い人気があります。

文化人形の画像集

クラシックなビンテージコレクション。年代物はなかなか手に入らないので、貴重な写真です。

一つ一つお顔が違い、人形によって個性があります。

出典www.eonet.ne.jp

出典www5.nkansai.ne.jp

近年では文化人形もバリエーション豊かに。

出典blog-imgs-37.fc2.com

出典urushiakiko.cj3.jp

文化人形風の衣装を着たスーパードルフィーもとっても素敵ですね

出典www.volks.co.jp

ブライスも文化人形風に

出典blog-imgs-37.fc2.com

1 2