感染症は、くしゃみやせきで空気中に飛んだウイルスや細菌を吸い込んだり、その病気にかかっている人と接触することでうつります。まだ免疫がない幼児期は、いろいろな感染症にかかりやすいのです。

出典幼児期にかかりやすい病気|ベビータウン

感染しても、症状が出ない潜伏期のうちに人にうつす病気もたくさんあります。集団生活で感染症にかかるのは「お互い様」というわけですね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

赤ちゃんの【かかりやすい病気】【かかったら怖い病気】調べてまとめました!

赤ちゃんの時にかかりやすい病気について、大事な事を色々まとめました。幼児期にかかりやすい病気のほとんどが「感染症」です。幼稚園や保育園などの集団生活が始まると、【うつりやすい病気】についてや【かかると怖い病気】も知っておきましょう!

このまとめを見る