初夏から夏にかけては風疹、手足口病、ヘルパンギーナ、伝染性紅斑(りんご病)など、子どもの感染症が流行しやすい季節です。とくに、初めて集団生活に入った子どもはかかりやすいので注意しましょう。

出典幼児期にかかりやすい病気|ベビータウン

ほとんどの幼稚園や保育園で「手足口病が流行りはじめました」など、注意情報を出してくれます。ママも園からのお便りや連絡帳にはきちんと目を通すようにしましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

赤ちゃんの【かかりやすい病気】【かかったら怖い病気】調べてまとめました!

赤ちゃんの時にかかりやすい病気について、大事な事を色々まとめました。幼児期にかかりやすい病気のほとんどが「感染症」です。幼稚園や保育園などの集団生活が始まると、【うつりやすい病気】についてや【かかると怖い病気】も知っておきましょう!

このまとめを見る