幼児期になるとウイルスや細菌に対して体が反応するようになって、症状がはっきり出てきます。とくにウイルスが原因の感染症の場合、発熱や発疹などの症状は、体がウイルスに対抗する免疫(抗体)を作っている証拠です。やがて体の中に免疫ができると症状も落ち着いて、病気は治ります。

出典幼児期にかかりやすい病気|ベビータウン

麻疹など合併症が起こりやすい一部の病気を除くと、幼児期にかかりやすい感染症の大半は、子ども自身の体力で乗り越えることができます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

赤ちゃんの【かかりやすい病気】【かかったら怖い病気】調べてまとめました!

赤ちゃんの時にかかりやすい病気について、大事な事を色々まとめました。幼児期にかかりやすい病気のほとんどが「感染症」です。幼稚園や保育園などの集団生活が始まると、【うつりやすい病気】についてや【かかると怖い病気】も知っておきましょう!

このまとめを見る