38.5度以上の高熱が出るときに、熱性けいれん(ひきつけ)を起こすことがあります。突然、白目をむいて手足をかたく突っ張り、全身をふるわせます。意識がないので呼んでも答えません。ママはドッキリしますが、ほとんどの場合は5分以内で収まり、そのまま寝入ります。

出典幼児期にかかりやすい病気|ベビータウン

熱性けいれんは繰り返すこともあるので、必ず受診して解熱剤をもらっておきます。普通は38.5度以上にならないと起こらないので、それ以下の発熱では解熱剤は必要ありません。ただ、個人差もあるので、解熱剤の使い方は主治医の指示に従いましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

赤ちゃんの【かかりやすい病気】【かかったら怖い病気】調べてまとめました!

赤ちゃんの時にかかりやすい病気について、大事な事を色々まとめました。幼児期にかかりやすい病気のほとんどが「感染症」です。幼稚園や保育園などの集団生活が始まると、【うつりやすい病気】についてや【かかると怖い病気】も知っておきましょう!

このまとめを見る