1. まとめトップ

【固定Tweet】

ドイツ気象庁 放射能測定担当トーマス・シュタインコップ博士 「放射性物質の放出はあくまで予測だ。重要なのは ”いつ汚染された空気が広がるか” だ。(つまりどの地域に飛ぶかであって)放出量は後でいくらでも訂正できる。」ホントにその通り。 pic.twitter.com/BW7oSGsblS

そんなに名前つけたいんなら、福一を「安倍晋三記念原子力発電所」とかに改名すればいいのに。

この米国の議員のように日本の政治家にもそれぞれの利権が絡んでいる会社のロゴマークを顔に刺青をさせ国民に分かるようにしたらどうニャン?わかりやすくていいんではニャいか?まずは原子力利権と薬品利権あたりから始めたらどうニャンよ! pic.twitter.com/czbe4Ueax0

「金持ちが戦争を起こし、貧乏人が死ぬ」 ジャン=ポール・サルトル pic.twitter.com/kWxZaUMqe4

「金持ちが原発を作り、貧乏人が被ばくする」 ま、全部こういう構造よね!! https://t.co/LLHgJz0KtM

(↓以下、更新情報)

=================

関電、高浜4号機を5月再稼働へ 3号機は6月、福井知事に説明 - スマホ版 - 47NEWS(よんななニュース) 47news.jp/smp/CN2/201704…

梅雨時期の5~7月、気温高めか 熱中症に注意、3カ月予報 - スマホ版 - 47NEWS(よんななニュース) 47news.jp/smp/CN2/201704…

原子力規制委:高速実験炉「常陽」を新規制基準審査保留に bit.ly/2orlYRC

原子力規制委員会は25日、日本原子力研究開発機構の高速実験炉「常陽」(茨城県大洗町)が新規制基準に適合しているかどうかを審査する初めての会合を開いた。原子力機構は審査申請の際、熱出力を従来の14万キロワットから10万キロワットに変更したが、規制委側は「設備は14万キロワットのままだ。出力と設備の性能を合わせるべきだ」として、原子力機構が補正申請するまで審査は保留するとした。

 原子力災害対策指針の改正で、避難計画の策定が必要な範囲が出力10万キロワット以下は半径5キロ圏なのに対し、10万キロワット超では30キロ圏に大幅に拡大する。(共同)

【ヤバイ】環境省が福島原発事故の除染土を再利用へ!8000ベクレル以下は公共工事に!7月から実験 saigaijyouhou.com/blog-entry-164… 全く意味が分からない それなら初めから はがさなければよかったのではないか

関東平野を破滅させるのなら、東海再処理施設を破壊すれば良い。 ステンレスタンクに高レヴェル硝酸廃液とTRU廃液を400トンも溜め込んでいて、処理不能なのだが、直撃しなくても電源喪失したら72時間程度で自爆する。 これをやられると関東平野は半永久的に居住不能となる。

核燃料サイクルの重要施設 ウラン濃縮工場が新規制基準に「合格」(産経新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-… #Yahooニュース

東京新聞:汚染土「中間貯蔵会社」が官僚19人受け入れ 「16年終了」を延命:政治(TOKYO Web) tokyo-np.co.jp/article/politi…

東京電力福島第一原発事故で生じた汚染土の収集や運搬などを担う「中間貯蔵・環境安全事業株式会社」(JESCO、本社・東京)が三月一日現在、中央省庁から再就職者や現役出向者を十九人受け入れていることが分かった。監督官庁の環境省出身者が十七人で、約九割を占める。 (山口哲人)
(略)
同社の担当者は環境省OBや出向の受け入れについて「出向は当社から環境、財務両省にお願いし、実務経験がある人に来てもらっている。再就職者は全額政府出資の国策会社として環境省との連絡調整を含め、一体となって事業を進めていく上で、知見や経験が活用できると判断した」と説明する。
(略)
元経済産業省官僚の古賀茂明氏は取材に「環境省職員だからといってPCB処理や中間貯蔵のプロというわけではない。OBや出向者を二十人近くも在籍させる必要があるのか疑問だ」と指摘。その上で「役所は一度天下りポストをつくると、維持のために新しい仕事をくっつけて団体や会社を延命させようとする性質がある。税金が使われる組織だけに、きちんと必要性を見直すべきだ」と語った。
===========================

玄海原発:再稼働へ世耕経産相来県 「知事は国の言うまま」反対派市民ら抗議と批判 /佐賀 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20170…

再稼働推進しているのは、電力会社よりむしろ自治体なんかな

1 2 3 4 5 ... 812 813





シャンティ・フーラの時事ブログは、3.11の東日本大震災以降、今という時代をいかに正しく生きるかという観点から、竹下雅敏氏とシャンティ・フーラ翻訳・編集チームが貴重な情報を紹介しているブログです。


まとめ参加者(0)

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう