1. まとめトップ

アメリカの大学生のファッション事情【10の法則】

留学生の服装を見た時に、「日本人と違うな」とおもったことありませんか?日本人が留学行く時にも、日本人らしいファッションをしすぎてしまうと、現地の学生からちょっとういてしまうこともあります。そこで、留学に行く時に注意したいファッションほ法則についてまとめてみました!

更新日: 2017年08月09日

sayusa14さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
153 お気に入り 389842 view
お気に入り追加

日本でもファッションが注目されているゴッシプガール

ほんとにみんなあんなおしゃれな格好をして大学に行っているのか・・・?


答えはNOでしょう。

大学のHPに載っているような服はもっとカジュアル!

日本の服装とは少し違うかな・・というのがなんとなくわかりますよね!?

そこで、英語圏の大学を中心に、キャンパスになじみやすい服装の鉄則をまとめてみました!

(1)基本はパンツスタイル

アメリカの学生は男女ともに基本的にジーンズにTシャツといった服装がほとんど

カジュアルなパンツスタイルで、トップスやストール、カーディガンでおしゃれを楽しむのが大学生!

ラフなヘアスタイルと眼鏡がかわいい!

ジーンズ+パーカーは肌寒い季節の鉄板!

帽子をプラスしてもかわいい!

(2)おしゃれをするならトップスで

流行のデニムシャツを取り入れてます!

エマ・ワトソンのカジュアルスタイルはトップスがかわいい

(3)靴は基本ぺたんこもしくはローヒール

キャンパス内は芝生も多いので、ヒールだと土にはまっちゃうかも・・!

(4)ブーツインは使える!

パンツスタイル、おしゃれにしたいけど着回し仕切れない・・という時には、とりあえずブーツイン!
それだけでおしゃれに見えます。

(5)スカートやワピースもカジュアルコーデが基本

晴れた日はワンピースにサンダルなどオシャレな服装の人もいます

地域の気候によっても違うとおもいますが・・!

カジュアルフェミニンなおしゃれ

ボヘミアンなスタイルも人気!

(6)ちょっとおしゃれするなら、大人カジュアル/大人かわいいが人気!

3年生、4年生にもなればこんな感じの大人っぽいスカートスタイルも!

1 2





sayusa14さん

興味あること、好きなことを中心にまとめているので、ジャンルはいろいろです。
すこしでも役に立つ情報を共有できればと思ってます。