1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

宇宙旅行がすぐそこ!H.I.S.で「成層圏旅行」ができる時代に

民間の会社が次々に宇宙旅行を企画している近年。誰でも宇宙旅行に行ける時代は確実に近づいて来ています。そして、あのH.I.S.まで成層圏への旅行企画が!

更新日: 2014年12月23日

46 お気に入り 32732 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

manuronaldさん

「誰でも宇宙に行ける。」そんな時代が近づいて来てる

厳しい訓練や難関を突破して宇宙飛行士にならずとも、観光気分で宇宙旅行を楽しむツアーが現実になろうとしている

そしてついに、あの大手旅行代理店のH.I.S.が成層圏旅行を募集開始!

旅行大手HISは、ロシアでジェット機に乗って宇宙の入り口の成層圏から地球を眺める旅行の販売を開始する

「観光用」のミグ29に搭乗。国際線旅客機の航路(高度約10キロ)のはるか上、同18キロの成層圏まで上昇し、青く浮かび上がる地球の輪郭を見る。

「乗客でなく『第2パイロット』として本物のミグに乗れる。航空ファンにもおすすめ」

費用も決して高くはない

歌手のサラ・ブライトマンさんは15年9月に宇宙の旅を予定しているが、宇宙船ソユーズによる国際宇宙ステーション(ISS)への往復で、旅費は5000万ドル(約60億円)以上

HISの「成層圏の旅」は決して安くないが、これと比較すれば手頃と言える。

60億は一般人には絶対ムリですからねw

ん?宇宙じゃなくて成層圏?成層圏とは

地球の気圏は一般に対流圏・成層圏・中間圏・熱圏の4つに区分されている

私たちが生活している地上(地表)から10kmくらいまでは対流圏(たいりゅうけん)とよばれる空気の層

それよりもっと上の地上(地表)から10km~50kmは成層圏(せいそうけん)とよばれる空気の層(そう)です。

空気の動きは、ほとんど水平方向だけなので雲が起きません

ちなみに、長距離を飛行する大型ジェット機はこの成層圏(の最下部)を飛行している

Googleの副社長がフリーフォールをして話題になったのもこの成層圏

成層圏の上層部に位置する高度41kmまで上昇した後、ユースタス氏が気球から切り離されてフリーフォール

フリーフォールの後に受けたインタビューでは「真っ暗な宇宙空間と大気圏が層のように重なっている景色は、いまだかつて見たことのないものでした」と語っている

1 2