1. まとめトップ

紙で宇宙旅行??紙を43回折ると月に届く

何の特別でもない紙を43回折るだけでなんと驚きの事態が発生する!?

更新日: 2018年03月27日

6 お気に入り 183980 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

garusiaさん

紙を43回折ると月に届くらしい

なわけあるかwwwww

計算したらこんな結果

紙の厚さを0.1mmとすると

紙の厚さを0.1mmとすると
7回で親指の爪くらい
14回で中学生くらいの身長
20回で東京~富士山
21回で東京~越後湯沢
22回で東京~盛岡
23回で東京~広島
24回で東京~上海
26回で地球一周

24~26て2回の差なのにw差ありすぎだからww

トリビアの泉も計算してたw

紙は1回折ると2枚分の厚さになり、もう1回折ると倍の4枚、さらに1回折ると8枚分の厚さになります。つまり、もとの紙の厚さに紙を折った回数分だけ2をかけることで計算できます。
厚さおよそ0.08mmの一般的なコピー用紙で考えると、42回折ったときの厚さはおよそ35万km、地球と月の距離はおよそ38万kmなので届きません。紙を43回折ったときの厚さはおよそ70万kmになり、月に届きます。
しかし、紙を折ることができるのは紙にある程度伸びる性質があるからで、何度か折った時には分厚くなった分外側の紙がたくさん伸びなければなりません。
紙が伸びる長さには限界があるので、一般的なコピー用紙だと6回ぐらいしか折ることができません。
幅がおよそ8mの日本最大級の紙を数人がかりで折っても10回程度しか折れません。
また、世界最大級の紙でも幅がおよそ11m程度なので、世の中に存在する紙では43回折ることはできません。

結論 計算上では可能だが物理的に不可能

けど、身近なものがそんな可能性を秘めていたなんて・・・
想像するだけでもワクワクしてきますね!
数学の不思議な面がわかる現象の一つかも知れません。

ちなみに2の43乗は・・・約8兆8000億

なので・・・約8兆8000億×1mm= 850 000 000 000mmこれをkmに直すと850000km=85万kmです。
月までの距離は38万kmなので余裕で串刺しにできますねw

紙を大きいの使えば良いと思ってるあなた!

紙の大きさと折れる回数は一定になっているそうです。
人間が自力で折れる回数は8回が限界で紙の大きさは関係なく8回折ったとき紙の厚さは元の厚さの256倍

みなさんも紙について調べてみてください不思議がたくさん見つかります

1