1. まとめトップ

不器用でも失敗しない「綺麗にスマホの保護シート」を貼るコツ

ゲーム機からスマホまで液晶画面のフィルム貼り方て難しいイメージががありませんか?保護フィルムで綺麗に貼ろうとチャレンジ!結果は...無惨な状態になったことありませんか?今回は不器用な人でき成功する確率が上がるコツをまとめてみました。初めて保護フィルムを貼る方からリベンジの方まで是非参考に!

更新日: 2016年01月14日

18 お気に入り 79505 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happyjokerさん

綺麗に保護シートを貼るコツ!

■よくある液晶保護シート失敗パターン

液晶の保護フィルム。みなさん絶対に貼られていると思います。しかし、ホコリや気泡だらけ....と言う方いるはずです。

スマホ上に小さなホコリが残っていると、保護シートを貼った際に小さな気泡が残りますよね。

これ、シートを貼る前に気付けると良いのですが、本当に小さなホコリだとまぁ見つけることができません。

せっかく貼るなら綺麗に貼りたいですよね!

・スマホ ゲーム機など(本体)
・専用保護フィルム
・セロテープ
・ポイントカードなどのカード類
あれば便利なもの
・ガムテープ(布ではなく紙使用の物)
・エアダスター
・ブロアー

一般的な流れとして

取扱説明書を参照

指紋、ホコリの除去

シートの位置合わせ

後ろシートを剥がし張る

気泡を取り除く

前のシートを剥がして完成

保護フィルムを綺麗に貼るコツです!

1.環境を整える!理想は、お風呂です無理なら部屋のホコリ取りを

一般的に浴室は埃が少ない為に環境的には一番良いが、無理ならば部屋の掃除とシッカリと埃の回らない状況に!

リスクを減らすためにも、ホコリが限りなく少ない風呂場で作業すると安心

買ったお店で貼らない

お店では人の行きかいが多いので必然的にホコリや待ってるチリが半端ないです!なるべく人の少ない綺麗な場所を選びましょう。

2.液晶表面をよく拭くべし

液晶画面の汚れの良し悪しがフィルム張りに影響するために念入り拭き取ること

メガネクリーナーなどを使っても良い。重要なのはクロスにホコリが付いていないことだ。

ヨゴレた上からフィルムを貼ってしまうと、ヨゴレがずっと封印された状態で残ってしまうぞ。

クリーニングクロスが毛羽立つと、どうしても細かい毛などがディスプレイに付着してしまうので、エアダスターで吹き飛ばすとベストです。

セロハンテープを用意する

保護シートを貼りなおしたいとき、保護シートについてしまったホコリを取りたいとき、セロハンテープが必要になります。作業をする前に、かならずセロテープを準備しておきましょう。

3.いよいよシートの貼付け合わせ目がポイント

液晶の上にフィルムを置いて位置合わせ。

ホームボタンや受話部、内側カメラなどに合わせて貼ります(これは貼る人のセンスが占める割合が大きいです!!)

フィルムの位置をピタッと合わせる方法

上から合わせたら下がズレる、下から合わせたら上がズレる…というイライラを解決するのは、「位置合わせ専用アプリ&十字入りフィルム」です。

位置をよく合わせて。ホームボタンの方から貼った方が位置が合わせやすいような気がします。

保護シートの1辺だけ剥離フィルムをはがして上の位置を固定。

そこから少しずつ剥離フィルムをはがしながら保護フィルムを貼っていきます。

4.気泡やホコリの処置とコツ

シートの位置がズレてしまった場合は、シートの端にセロテープを貼り、セロテープを取っ手がわりにシートを持ち上げます。あとはカメラやホームボタンに合うように貼り直すだけ。

シートと画面の間にホコリが入ってしまった場合は、持ち上げたら、丸くカーブをつけたセロテープで、ホコリをペタペタとくっつけては除去していきます。

どうしても気泡が残るときは一晩置く

どうしても気泡ができてしまう場合でも、製品によっては時間を置くと自然に空気が抜けるようになっているものもあるので、下手にいじらずに一晩置いておくのも手だ。

フィルムの内側(粘着面)に指紋がついてしまったり、そこに埃がはいりこんでしまったりしたら迷わず洗剤で洗い、乾かしてみましょう。たとえどれだけ汚れてしまっても、新品時の状態に復活します。

1 2