1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

chat01574さん

■ 老若男女から愛される女優となった能年玲奈。

NHK朝ドラ『あまちゃん』に続き、主演映画『ホットロード』も大ヒットした能年玲奈。

基盤となったのは、やはり『あまちゃん』だろう。本作での鮮烈な美少女ぶりはもちろん、時折見せる小動物や赤ちゃんのような表情には、年上世代の女性も頬をゆるめる魅力があった

『あまちゃん』大ヒット後は…

■ イメージ定着を警戒して仕事をじっくり選んできた。

能年玲奈は、『あまちゃん』のイメージがいつまでも抜けなくなってしまうことを警戒して出演作をじっくり選び、メディア露出を絞ってきた。

女優として次なるステージへ向かうためには、あまりにも大きな天野アキの定着したイメージから抜け出すための時間、そして戦略が必要だったのだろう。

ブレイク直後に露出を増やして消費されてしまうより、『あまちゃん』フィーバーの熱が冷めてから動いた方が長い目で見れば正解なのかもしれませんね

そんな能年さんが、ドラマやCMではなく…

■ よりにもよって、黄金伝説のサバイバル生活に挑戦!

女優の能年玲奈(21)が、テレビ朝日の特番「いきなり!黄金伝説。 芸能人サバイバル大賞2014」(25日後6・00)で自給自足の生活に初挑戦

最近は意外な人物が参戦することでも話題だが、今回は、歌舞伎俳優の中村獅童が参加というだけでも驚きなのに、「あまちゃん」の能年玲奈と、“シノラー”こと篠原ともえまで参戦するという。

映画の宣伝をかねているとはいえ…

■ 過酷なロケに、なぜかGOサインが出されたという!

東村アキコによる大人気連載中の同名コミックを能年玲奈主演で実写映画化した『海月姫』が27日公開。

『海月姫』といえば、能年玲奈さんのオタ女のなりきりっぷり、菅田将暉さんの美しすぎる女装男子姿、尼〜ずの再現度の高さなどたくさんの見所があります。

しかも…

■ 当の能年本人は、水槽まで持ち込んでやる気マンマン!

「大きい水槽を埋められるくらいクラゲを捕まえて、クラゲ水族館を作りたい」と意気込みを語っていた。

そして…

■ 「あまちゃん」以来、ふたたび海にもぐる!

「あまちゃん」の収録で水深6メートルまで潜ったことがあり、「お魚を探す時には(動き回らずに)海底で岩につかまって停滞して探すのがコツなんです」と素潜りはお手の物。

1 2