1. まとめトップ

《第08MS小隊》ガンプラHGUCまとめ【バンダイのプラモデル】

第08MS小隊に出てきたガンプラHGUCとHG(旧キット)のまとめ。レビュー記事のリンクも。

更新日: 2017年01月24日

Bunny_Robberさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 61390 view
お気に入り追加

info | 2017年1月25日、08小隊の旧HGキットが再販されます。

info | 2017年1月、HGUC陸戦型ジムがリリースされました。

ついにHGUC化された陸戦型ジム。現代風なシルエットに違和感を覚える人が多いようで、amazonのレビューでは炎上気味となってしまっています(個人的にはアレンジを歓迎しています)。

¥1,620(税込)

付属品が多いせいか、量産MSのキットとしては高めの価格設定な気がします。

| 地球連邦軍

RX-79[G]Ez-8 ガンダムEz8

多くの人が待っていたと思われる、EZ-8のHGUC化。
比較的最近のキットだけにプロポーション、可動ともに高水準の出来となっています。

¥1,728

唯一の不満点はパラシュートパックのベルト素材が旧キットとは違う物になってしまったことくらい。

旧HGと比較して劣化した部分が幾分かあると評される本キット。中でも「ベルト止め」の方式がプラパーツからシールへと劣化したのが最も多く評されている部分であろう。
だがしかし、そこに目を瞑ればこのキットは歴代屈指の快作ではないだろうか?
前身機であるHGUC 陸戦型ガンダムは各部にABS素材を使用していたが本キットはABSレス。これにより陸ガンが抱えていたパーツのゆるさと関節の弱さが改善されている。
パーツの色分けもほぼ完璧。パーツ構成も足パーツは感嘆する(前腕は少しいただけないが)
関節可動も陸戦型より格段に向上しており劇中のポーズがしっかりきまる!
何より陸戦型、グフカスタム、そして本キットでガンダムシリーズ屈指の名バウト「震える山」が再現できる!(陸戦型一機の頭をジムに、もう一機はアンテナを白くするのをお忘れなく)
武装も標準的なものは揃っており、手首の表情も豊富な本キット。
初心者にもおすすめしたくなる極上の逸品である。

評価にバイアスがかかっているように見えるのは、筆者が生粋の08小隊好きだからかもしれない

RX-79(G) 陸戦型ガンダム

可動範囲の広いキット。関節にABSを使っているのがマイナス点でしょうか。

¥1,620

見た目は結構いいです。写真だと頭が潰れてる感じですが実際はそうでもなくなかなか男前。少し脚がスッキリしてる感じがしますがそんなに悪いものではないでしょう。
BDのカラバリと言ってしまえばそれまでですが、元々同型ですしね。金型流用も致し方ないかと。ここから08にシフトしていくのならむしろ歓迎です。
武器は少なめですがMGの時のように徐々に充実するのでしょうか?私個人は陸ガンにビームライフルは邪道だと思っているので、特に気にはならなかったですね。
今回だけに言えることではないですが、ポロポロ外れる「持ち手」が不満です。

OPの一場面やGジェネレーションシリーズなどの戦闘アニメの影響でシールドを180mmキャノンの安定脚に使えると勘違いしている人もいるが実際にOPの該当シーンを注意してみればわかるが遠近法でシールドの上にキャノンが乗っているように見えるだけなのである。

象徴的なシーンですが。。

確かに、ガンダムに対してシールドが大きすぎますね。

| 陸戦型ガンダム 地上戦セット

陸戦型ガンダムにジムヘッドや指揮車両、各種武装、専用デカールがセットになったキット。

¥2,376

付属のジムヘッドは旧モデルの陸戦型ジムの頭よりも出来が良くなっています。

セット内容:陸戦型ガンダム、指揮車両×2両、ジムヘッド×2個、連邦兵士のフィギュア×4体、その他武器等が付属しています。

35分の1サイズのホバートラックをレビュー際にも述べていたんですが、待望のHGUCでの登場です。

この小さなホバートラックだけでパーツ数が20数点というところからも、明らかに力が入っているのが分かります。
しかし細かい分割になっているにも関わらず、パーツが細々とならない考えられた構成で前後のドーザーや銃座が可動するというのは驚きです。
ディティールもまったく申し分ないというか、このサイズだとむしろ過剰なぐらい。35分の1をそのまま縮小した、といっても過言でないでしょう。

| ジオン公国軍

1 2 3 4





Bunny_Robberさん

雑食です。

このまとめに参加する