1. まとめトップ

遅いマシンを速くする!Windows7高速化のポイントとコツ

昨今のハイスペックマシンならともかく、Windows7というOSが出たての頃に一緒に出ていたようなPCですと、Windows7を動かすのがやっとで、日々操作していると重たく感じることもあるかと思われます。

更新日: 2018年11月26日

43 お気に入り 742297 view
お気に入り追加

コントロールパネル→システムの詳細設定→システムのプロパティウィンドウで詳細設定タブ→
パフォーマンス枠で設定ボタン押下→詳細設定タブで変更ボタン押下
「すべての~」のチェックを外し、各ドライブ選択、カスタムサイズを選択し、サイズは、ページ下部の推奨のページングファイルサイズより、少し大きいくらいに設定する。
※初期と最大は同じサイズに設定することで、ファイルサイズの途中変更を防ぎ、ファイルが断片化しないので、より高速化を期待できる

電源オプションで高パフォーマンスモードに

これはあくまでその分電力消費が上がってしまいますので、持ち運びのノート等でしたら、その分バッテリー消費が早いことだけは認識の上で取って欲しい手段です。

コントロールパネルの電源オプションを開き、プランの中に、高パフォーマンスという選択肢を探し選びます。多少機種に左右されますが、ほとんどの場合この高パフォーマンスモードが一番電気をくいますが、動作も早くなるモードです。

サウンドを無しにする

Windows 7 ではシステム起動時・終了時、エラー発生時、ダウンロード完了時 … などなど、様々な場面でサウンドが再生されるように標準で設定されています。
サウンドファイルはサイズが大きく、度々の再生はシステムへの余計な負荷になるため、すべての場面でサウンドが再生されないように設定すると、システムへの負荷を軽減できます。

・ デスクトップ上で右クリックし、表示されたメニューから [ 個人設定 ] を選択しクリック
・ [ 個人設定 ] ウィンドウが表示されるのでサウンドをクリック
・ [ サウンド ] ウィンドウの [ サウンド ] タブが表示されるので、[ サウンド設定 ] の [ サウンドなし ] を選択
さらに [ Windows スタートアップのサウンドを再生する ] のチェックを外し [ OK ] をクリック

参考サイト

つきつめるとどこのサイトで紹介している対策も、ほぼ同じ点にいきつくのですが、自分にとってわかりやすいサイトとかで学んでもらえるとよいかな、と。

1 2