1. まとめトップ

冬休みは伊豆!年末年始の営業日&時間まとめ<観光編>【2017-2018】

冬休みは伊豆!でも年末年始の観光地って営業時間どうなってるの?あのパークは営業してるの?そんな疑問にお答えするまとめ<観光編>です。営業日や時間は変更になる場合もあります。お出かけ前には各施設、または観光協会などのHPもご確認くださいね♪ ※2017年12月29日更新

更新日: 2017年12月29日

5 お気に入り 28289 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moriemorieさん

オール伊豆!で、まとめてみた【2017-18版・更新】

ぜっけぇええええええ!

こんな景色、見に行かなきゃ損でしょう!

伊豆の観光スポット、見どころはまだまだいーーーっぱいあります。でも、とりあえず人気どころ有名どころをピックアップでご紹介しちゃいます。

※2017年12月29日更新
順序変更/動画・画像を更新/営業内容を更新

伊豆の玄関口★熱海エリア

【定休日】なし
【営業時間】
祈願奉仕時間 10:00~16:30
茶寮・直営お休み処 10:00~16:30(LO 16:00)
【料金】参拝無料

言わずと知れた伊豆のパワースポット♡境内にある大楠は樹齢約2000年ともいわれています。初詣にもおすすめ(ただし年始は特に混雑するかも)無料駐車場の収容台数は多くないので、混雑時期には熱海駅からのバスが便利です。

【定休日】水曜日 ※12/26~30日は休館
12/31~3/4は休まず開館
【営業時間】9:00~17:00
喫茶室 9:30~16:00
※1/1~3は特別メニュー
【料金】大人 510円  高校生・中学生 300円

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」で、嘉納伝助邸として使われたことで一躍注目となった起雲閣。1919年に別荘として建てられ、熱海の三大別荘としても有名な建物が基礎となっています。
レトロモダンな雰囲気とみごとなお庭がみどころ。駅から徒歩圏内なのも嬉しい。

★梅まつりは2018年1/6~3/4
【定休日】無休
【営業時間】※夜のライトアップはありません
通常 時間制限なし
梅まつり期間 8:30~16:00
【料金】
通常 無料
梅まつり期間
・熱海市民100円・・・市民は住所がわかるもの、または熱海市民施設利用証を提示して下さい。
・熱海市内宿泊者100円・・・宿泊先がわかるもの(予約表や領収証等)を提示して下さい。
・団体割引(11名以上)200円
・一般300円
※中学生以下は無料。上記開園時間外は無料開放しています。

梅まつり期間外は無料です。
梅まつり期間中は駐車場も別途有料、駅からの路線バスの他にシャトルバス・シャトルタクシーの運行も予定されています(詳細は下記リンク)

【定休日】12~1月は火曜定休(ほか荒天時は休園)
【営業時間】9:00~17:00入園は16:00まで
【入園料】12/1~2/28は大人700円 小人400円

バラの見頃は春と秋ですが、季節を問わず素敵なイングリッシュガーデンと絶景、そして女子力高めなショッピングも楽しめます。

この秋オープンした、あの隈研吾設計の「COEDA HOUSE」は見逃せない!

電車で行けるリゾート★下田・南伊豆エリア

【営業時間】11:00~23:00
※店舗により異なる場合があります
※大晦日は"できる限り"朝まで営業するそうです

【定休日】なし
【営業時間】参拝自由
【料金】無料

2400年もの歴史をもつ、伊豆白浜の縁結びで有名な神社♪名物恋みくじはぜひチャレンジして!

1 2 3 4