1. まとめトップ

1分で読める はじめてのCMS ブログとの違いとは?

CMSって聞いたことあるけど、よく知らない人のために、ブログとの違いなどについてまとめました。

更新日: 2014年12月26日

satoshi5709さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 14229 view
お気に入り追加

ウェブページを作成し、運用するには、 HTMLファイルや、それを保存するディレクトリ構造などについての知識が必要だった。

テンプレートの選択により全体のデザインを容易に変更することができる

CMSはブログとどう違うのか?

Webブラウザで更新ができるという意味では、ブログとCMSの差は非常に分かりにくいのだが、CMSは時系列以外の管理も可能で、ページ単位のデザイン変更が可能であるなど、ブログより自由度が高い。

ブログとCMSの違いが分かりにくくなっている原因

ブログ・CMSの違いが分かりにくくなっている原因は、それぞれが機能の充実を図っているためだろう。ブログはデザインやレイアウトの自由度を高める方向へ進んでいる。

CMSを選ぶポイントとは?

単純に機能の多い・少ないだけがCMSのポイントではない。「簡単に更新できる」という点を活かすためには誰が作業を行うのかを考え、その作業を実際に行う人にとって「修正が行いやすく、テンプレートが作りやすい」CMSはどれなのかを考えること。

おすすめCMS

WordPress

WordPress(ワードプレス)は、まずは押さえておきたいところ。良い理由はいくつかあるが、CMSシェアナンバーワンの安心感だ。当然、使用ユーザーが多いため、情報が非常に豊富である。書籍も探せばたくさんある。知りたいことはインターネット上でほとんど完結すると思う。そして、テーマやプラグインが豊富に存在すること。見た目にこだわりたい場合や、たくさんの機能を組み込みたい時に重宝する。そしてなにより、基本的なページの構造が作りやすい。HTMLなどの知識がなくても、それらに一切触れずに進めることができる

baserCMS

baserCMS(ベイサーシーエムエス)の特徴は、ブログ機能やメールフォーム機能がついていて無料で使えること。紹介サイトでも「コーポレートサイトにちょうどいい」をうたっており、企業でも使用できる高品質なサイトが構築できる。ここもユーザー数が多く、ネット上にコミュニティサイトがあるなど、情報量は豊富で困ることはないだろう。ページを設置したあとの更新作業も、Web管理者でなくても実行できるし、完全に国産であることも安心感につながっている。
お客様にウェブサイトを納品した後の更新も、素人でも簡単に更新できるのも大きなポイント。

CMSに関して少し理解できましたでしょうか?
それでは。

1





satoshi5709さん

このまとめに参加する