1. まとめトップ

バーゲンセールで失敗しない!買い物で無駄遣いを防ぐための6つの心得

バーゲンでたくさんお買物をする方は多いと思いますが、安いからと言って買いすぎてしまうとお財布がピンチになってしまいます。そこで、無駄遣いを防ぐために、バーゲンや安売りセールの前に知っておきたいことをご紹介します。

更新日: 2020年01月15日

0 お気に入り 6118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ilabjpnさん

バーゲンでたくさんお買物をする方は多いと思いますが、安いからと言って買いすぎてしまうとお財布がピンチになってしまいます。そこで、無駄遣いを防ぐために、バーゲンや安売りセールの前に知っておきたいことをご紹介します。

◆ バーゲンセールの落とし穴

これより、無駄遣いを防ぐために、バーゲンや安売りセールの前に知っておきたいことをご紹介します。

■ お店の鏡に騙されない

試着用の鏡の前で合わせてみたらとっても似合ったのに、家に帰ったらあれ……?? なんてことありませんか?

服屋さんに置いてある鏡の多くはちょっと斜めに立てかけてあり実際よりもリムに見えてしまうことが多いようです

また、店内に流れているおしゃれなBGMや照明の効果で「これを着た私……なんだかイケテル!」と買いたい気持ちが高まってしまうこともあります

■ 少し時間を置いて、考えてから買う

「失敗した」、「買わなければよかった」と後悔しないように、買う前に「冷却期間」をおくべきです

必要な理由と必要でない理由を天秤にかけるなどして、自問自答してみましょう

■ サイズが合わないものは買わない

デザインも色も気に入った服に出会えたのに、合うサイズが売り切れてしまって、大きいサイズか、小さいサイズしかないのなら、その服は買わないことです

「もう少し痩せたら着れるハズ」…そんなことで痩せたら苦労しません。ピチピチしてデブに見え、結局痩せられずタンスの肥やしになるのがオチです。痩せたら、またその時服を買えばいいのです

「少し大きいけど、たぶん大丈夫」…大丈夫である保証はどこにもありません。だらしないデブに見えます。体より大きい服を着ると、服に合わせて体が太りますので、絶対に買ってはいけません

■ カードを持っていかない

現金がなくても買えてしまうカード類があるとついつい使ってしまいます

バーゲンの時期はカードを持ち歩かないようにしてみましょう。お金も使っていい分だけ持っていくと良いかもしれません

■ セール価格に釣られない

1 2