金日成との邂逅

出典金日成 - Wikipedia

1991年12月6日咸鏡南道の興南(フンナム)のマジョン公館で、韓国政府の許可なしに電撃訪朝した統一教会(統一協会、世界基督教統一神霊協会)の教祖文鮮明と会談。金日成をサタンの代表として非難し、共産主義を神の敵として、その打倒に力を入れてきたことで有名な人物であるために世界を驚かせた。会談では離散家族再会に取り組むこと、核査察を受けること、自由陣営国家からの投資を受け入れること、軍需産業を除外した経済事業に統一グループが参与すること、南北頂上会談を行うこと、金剛山開発の実地などについて合意した。文鮮明から35億ドル(約4400億円)もの支援を約束され、経済的窮地を救われる。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

安倍晋三等とカルト団体の癒着、TVでは決して報じられない関係性

霊感商法,合同結婚式でお馴染みの統一教会はA級戦犯安部晋三祖父・岸信介によって日本に持ち込まれた。全共闘後、統一教会が母体である勝共連合議員が自民党の核となって今現在まで存在している。

このまとめを見る