1. まとめトップ

【迷いアザラシ・トド】近年なぜか内陸で発見される水棲生物たち

このところニュースをにぎわす、なぜか海から遠く離れた陸地で発見される水棲生物達。

更新日: 2018年09月05日

7 お気に入り 5469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

なんで海のコが街中に来てしまうんでしょうねえ。

moepapaさん

不思議ニュース

昨今のニュースで、なぜか、海から遠く離れた内陸部で発見されるトドやアザラシの情報が目立ちます。単に道に迷いつつもなぜか海と違う方向へ爆走してしまったのか、はたまた目的があったのか、誰かにさらわれたのか・・・

なぜか陸地で迷いアザラシ

専門家によれば、このハイイロアザラシの子はヒルブリー島のコロニーから
泳いで迷子になったものと考えられるという。元いた場所から発見された場所までの
移動距離は、50マイル(約80km)に及ぶという。

そんだけ土の道見たら・・・少なくとも海が近くないことくらい気づきなさいww
一度迷うとよくわからないんでしょうかね。

気が付いたら陸地に、て
うっかりし過ぎですやんw

腹こすれないのか?

アザラシが見つかったのは20マイル(約32km)内陸にある畑の中だ

いや、方向音痴にも程があるし、間違ったまま突き進み過ぎでしょwwまあ、野生の生き物に判断は無理か。

アザラシというと、ちょっとゴマちゃんを思い出しました

本来何も目印の無いような海で暮らしている生き物ですから・・・別に方向音痴な生き物でも無いんですけどねえ。ドジなアザラシがいるのか、環境汚染の被害者なのか・・・。

アザラシを含む鰭脚類の眼球は陸生の食肉類に比べて大きい。南半球ではロスアザラシ・北半球ではクラカケアザラシが特に大きい。網膜には色を識別する錐体はなく明るさを感じる桿体だけなので彼らに色の概念は無い。

結局色とかわからないから、一度陸上に上がってしまうとどこ目指してよいかわからなくなってしまうんでしょうかねえ。

アザラシとは

アザラシ(海豹)は、鰭脚類に含まれる海棲哺乳類のグループである。アザラシ科、もしくはアザラシ科アザラシ亜科に分類される。
北極圏から熱帯、南極まで幅広い海域に生息する。日本近海では北海道を中心にゴマフアザラシ、ワモンアザラシ、ゼニガタアザラシ、クラカケアザラシ、アゴヒゲアザラシの5種のアザラシが見られる。

首は短く、四肢には5本指があり指の間には水かきが付きヒレに変化している。アザラシの前ビレのうち空気中に露出している部分はヒトの手首より先の部分にあたる。
体には短い毛が隙間なく生えており毛皮として利用されてきた。

2002年に東京都の多摩川に出現し日本を騒がせたアゴヒゲアザラシのタマちゃんのように定説どおりに動かないアザラシの個体も少数おり、日本各地に出現するケースも稀にある。

国内でも迷いトドが・・・

「トドがひなたぼっこをしている」。北海道斜里町の住宅地で24日午前9時50分ごろ、野生のトドが道路にいるのを住民が見つけた。パトカーまで出動。町職員らが10人がかりでトドを毛布などにくるみ、軽トラックに載せて約1時間後に海に帰した。

いやいや、パッと見てトドってすぐにわからんし、よく10人もちゃんと協力して運んであげましたねw

トドは雌の成獣で体重約150キロ。見つかったのは斜里漁港から約250メートル入ったところ。夜明けごろに漁港のそばで釣り人が見かけていて、街の中をうろうろしていたようだ。

すげえな北海道

骨が浮き出るほど痩せて腹や背中には擦り傷があり、当面、シーワールドで看護する。職員ら約10人が波打ち際にいたトドを囲み、網をかぶせた後、おりに収容。トドは最初、抵抗するようなそぶりを見せていたが、おりに入るとおとなしくなった。

なんで積極的に陸地に上がってきてしまったんでしょうねえww

北海道にオホーツク海のアザラシの赤ちゃんが

1 2