1. まとめトップ

【初詣】もう予定決めた?2015年の初詣に参考にしたい人気初詣スポットベスト10!!

2014年(前回)の参拝者数をもとにしたランキングです。

更新日: 2014年12月28日

0 お気に入り 929 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

At2Cさん

今年も残すところあとわずか…

初詣のご予定は皆さんおきまりですか??

初詣・初詣で(はつもうで)とは、年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事。一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする。初参・初参り(はつまいり)ともいう。

2014年初詣参拝者数ランキング

第10位 生田神社(神戸市中央区)

2014年三が日参拝者数
約152万人
アクセス
JR神戸線三ノ宮駅から徒歩5分
阪神高速3号神戸線京橋出口から県道30号を経由し、県道21号を元町駅方面へ車で2km
御利益/御霊験
健康長寿 縁結び

神戸の街の守り神として篤い信仰を集めている。その昔、清少納言や上田秋成も歌に詠んだという由緒正しい古社。天照皇大神の幼名とされる「稚日女尊」を祀っている。必勝祈願のご利益があるとされ、プロスポーツチームが参拝に訪れる。社の奥には豊かな緑の生田の森が控え、市民のオアシスとなっている。新年を迎えるにあたり、1月1日0:00前に開門。宮司が打つ太鼓が新年を告げ、楼門上では「神戸太鼓」が打ち鳴らされる。健康のお守りやお正月限定の干支置物が人気だ。

縁結びで有名な神社。カップルでお参りし、その際、男性は白の、女性は赤の「えんむすび」お守りを購入すれば結ばれるといわれています。神戸市内のホテルに御分霊(わけみたま)して数多くの結婚式を見守られてきた神様です。近年では神戸で活躍するスポーツチームの勝利の女神様としても知られています。

第9位 太宰府天満宮(福岡県太宰府市)

2014年三が日参拝者数
約200万人
アクセス
西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩5分
九州自動車道太宰府ICから国道3号・県道112号・76号を経由し、県道35号を太宰府方面へ車で5km

学問の神様として崇められている全国の天満宮の総本宮といわれる。天然記念物の樟の老樹に守られた本殿は天正19(1591)年に造られたもので、華麗な桃山様式を伝える。道真公を慕って京から一夜にして飛んできたと伝えられる飛梅は、境内に6000本ある梅のトップを切って1月初旬につぼみがほころびはじめる。三が日の参拝者数は約200万人にのぼり、正月4日には宮大工の仕事始めの儀式「斧始祭」、7日には木彫りのウソ鳥を交換し合う「鷽替え」、その夜には煙と炎に包まれる勇壮な「鬼すべ」の神事が行われる。

学問の神様、菅原道真公(845~903年)を祀る神社で全国各地より参拝者が訪れます。
道真公は、幼少の頃より学問に秀でており、五歳の時に和歌を、十一歳の時には漢詩を作られました。三十三歳で文章博士となられ、宇多天皇の治世に右大臣まで出世しましたが、901年に左大臣 藤原時平の讒言により、太宰権師として左遷され、903年大宰府にあった配所にて、その生涯を閉じました。御遺骸を牛車にひかせたところ、突然伏して動かなくなった場所が現在の御本殿がある場所です。

第8位 武蔵一宮 氷川神社(埼玉県さいたま市大宮区)

2014年三が日参拝者数
約215万人
アクセス
JR大宮駅から徒歩15分
東北自動車道岩槻ICから国道16号・県道2号を経由し、一般道を大宮公園方面へ車で7km

氷川神社の総本社で武蔵国一の宮です。氷川神社は非常に多く、埼玉と東京だけで200社以上を数えます。武蔵国以外には、茨城・栃木に2社、北海道と千葉に1社あるなど広く信仰を集めております。御祭神は須佐之男命(スサノオノミコト)、稲田姫命(イナダヒメノミコト)大己貴命(オオナムチノミコト)で、夫婦とその子供にあたります。(大己貴命は大国主命とも呼ばれます。

明治天皇の御親祭以降は勅祭社に列せられ8月1日の例祭には勅使の御差遣と東游の御奉納がある。東京、埼玉を中心に鎮座する280社ほどある氷川神社の本宮。御祭神は須佐之男命(すさのおのみこと)、稲田姫命(いなだひめのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)の三柱の神を祀る。境内の広さは約3万坪、中山道の一の鳥居から続くケヤキ並木が生い茂る約2kmの参道は全国でも有数の長さを誇る。神橋、回廊はもとより楼門の朱も荘厳で美しい。

第7位 熱田神宮( 愛知県名古屋市熱田区)

2014年三が日参拝者数
約230万人
アクセス
名鉄名古屋本線神宮前駅から徒歩3分
名古屋高速3号大高線呼続出口から国道1号を経由し、国道19号を金山駅方面へ車で2km

ご神体の草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)がお祀りされてから、平成25(2013)年に1900年をむかえた。約19万平方メートルもの境内には、本宮や別宮に、8つの摂社と19の末社が鎮座する。主な祭典・神事だけでも1年間に70以上あり、5月4日の「酔笑人(えようど)神事」など特殊な神事も行われ、1年を通じて多くの参拝者が訪れる。年末年始は、12月31日15:00に大祓、明けて1月1日5:00には歳旦祭、5日は0:00から商売繁盛の「初えびす」が行われ、にぎわいをみせる。

第6位 住吉大社(大阪府大阪市住吉区)

2014年三が日参拝者数
約236万人
アクセス
南海本線住吉大社駅から徒歩3分
阪神高速15号堺線玉出出口から府道5号を経由し、一般道(阪堺線)を住吉大社方面へ車で2km

摂津国(せっつのくに)一の宮として古くから信仰され、禊祓の神、海上安全の神として崇敬されてきた。本殿の様式「住吉造」は、神社建築史上最古のもの。第一本宮から第四本宮まで4棟からなる。本殿は文化7(1810)年に造営されたもので国宝に指定されている。御利益は、開運招福・商売繁昌・交通安全・厄除け・縁結び・安産。年始には、元旦早朝に若水の儀、三が日は無形文化財「住吉踊」、1月4日に五穀豊穣を願う踏歌神事、7日には白馬を見て年中の邪気を祓うという白馬(あおうま)神事など、多くの行事がある。

全国各地におよそ2000余りある住吉神社の総本社。
国家鎮護、航海安全、和歌の神として崇敬を集め、古くは遣隋使、遣唐使も参拝したといわれています。

第5位 鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)

1 2