1. まとめトップ

世界のびっくりなお墓

日本のお墓は、お化けが出たり陰気臭いですが。

更新日: 2014年12月27日

0 お気に入り 1066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

【パリ】カタコンブ

パリの墓地は全て地下へ移動することになりました。その墓地がカタコンブというものです。

チケットの窓口の横に、こんな貼り紙が

かなりショッキングなので、子どもは入らないように。という張り紙もあるそうです。

長さ 1.6 以上に及ぶ通路の壁には、記念碑を囲うようにして一面に遺骨が秩序正しく並んでいます。ちなみに、遺骨は、頭蓋骨、大腿骨(だいたいこつ)、頸骨(けいこつ)など、骨の種類によって分けられています。

600 万人以上の遺骨がおさめられていると・・・。

【イタリア】サンタマリアインマコラータコンツェジオーネ教会

ただひたすら骨、骨、骨・・・とにかく骨がた~~~くさん見られる通称「骸骨寺」

それはまるでアート!

撮影NGなのでポストカードです

カプチン派の僧たちが、先代の僧たちへの敬意と信仰心でこのような装飾を作ったそうです。
中には出来立てホヤホヤっぽいミイラもあったり!
顎の骨や指の関節、どこの骨だかわからない細かい骨までが花や様々な形に飾られていました。

ちなみに、イタリアのコーヒーの一種、カプチーノの名称の由来は、そのコーヒーの色がカプチン修道士が身につけている衣服の色に似ているからという説もあるようです。でも、コーヒーを前にして、この写真を想像してしまうとコーヒーが飲めなくなりそうですが・・・・。

【インド】タージマハル

観光地として有名なタージマハルもお墓なんですよね。

タージマハールは、1600年代のムガル帝国の女王様のお墓。王様からの愛の結晶なんだって。22年も掛けて作られたそう。

床も壁も建物すべてが大理石

この巨大な建物の中には棺が2個並んでいるだけでした。

重量感もすばらしい!

タージ・マハルの後ろには空間しかない。要するにタージ・マハルしかないのだ。
そんな感じであることは写真でも知ってたけど、実際に行ってみると、この「それしかない」という視覚効果はすごい。

1