1. まとめトップ

「USB 3.1」コネクタ搭載デバイス、2015年前半中にも実際に登場か

25日、WCCF Techは「USB 3.1」コネクタを搭載したデバイスが2015年上半期中にも登場することになる見込みであると伝えています

更新日: 2015年01月02日

2 お気に入り 425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Nasu8さん

最大転送速度が2倍に

USB 3.1では、その最大転送速度がUSB 3.0の2倍となる「10Gbps」に。これはアップルとインテルが共同で開発した、初代「Thunderbolt」テクノロジーと同等の速度となります。

より強力な電力供給性能を実現

USB 3.1規格は、最大「100W」までの電力供給にも対応しています。これにより、デスクトップPCやノートPCを、これまで以上に優れた電源として活用することが可能に。

裏表両方挿さる良心設計

USB 3.1では、ついにコネクタとケーブルに「Type-C」と呼称されるリバーシブル構造を採用。既にLightningコネクタとケーブルでは実現されているものですが、これによりUSBケーブルの向きをいちいち確認することなく、コネクタへ簡単に接続することが可能になります。

USB 3.1搭載製品が早くも市場に出回ることになりそうな背景には、米マイクロソフト、米アップル、米Intelなどの大企業からの後押しや、EUや中国の公的機関が「USB 3.1」の検証手続きの承認を完了したことも大きく影響しているとのこと。
また、2015年に登場する新型MacBookシリーズにも、このUSB 3.1コネクタが搭載される見込みであること。そして中国ADATAが既にこの最新のUSB規格にいち早く対応していく姿勢であることを明言し、2015年上半期中にも実際にUSB 3.1コネクタを搭載した外部ストレージデバイスを登場させることが確約していたことも伝えられています。

1