1. まとめトップ

突然おとずれる『出産入院』に必要なものって・・・

出産は突然訪れます。用意する荷物も結構あります。慌てて準備するのではなく早めに用意をしておきましょう。

更新日: 2014年12月29日

8 お気に入り 5171 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

usausa2000さん

■出産 入院

産院によって多少の違いがありますが、問題のないお産であれば、一般的に経膣分娩で4~7日。帝王切開の場合は回復に時間がかかるので、10日~2週間くらいになることが多いようです。

出産予定日が近づくと、体の変化に敏感になり、何かとそわそわするものですので、持ち物の準備は遅くとも1週間前くらいには行っておきましょう

一つは小さめのバッグ。こちらには、陣痛~出産翌日までに使う物をまとめておきます。荷物はなるべく少なめにし、陣痛に苦しんでいる中、たとえ一人で病院に向かうことになっても持って行けるサイズに納めましょう。もう一つは大きめのもので、出産翌日~退院までに使う物。こちらはあとから駆けつけてくるパパや、おばあちゃんに持ってきてもらっても大丈夫にしておく

■用意したいもの

▼入院手続きに

▼入院に

●必要なもの
・母乳パッド
・前開きのパジャマ
・産褥ショーツ
・お産パッド ナプキン
・すそよけ(おこし)
・T字帯
・授乳ブラ・ハーフトップ
・洗面用具
・コンタクトケア用品
・スリッパ・ソックス
・スキンケアグッズ

母乳パッド

母乳パッド …産後三日目くらいになると、おっぱいがパンパンに腫れて、母乳がだらだら止まらなくなることが多いです。使い捨てのパッドをたっぷり持ち込んでおくと安心

産褥ショーツ

産褥ショーツ 股の部分が開閉できる専用のショーツ。大きめの生理用ショーツでも代用できますが、自分でナプキンを交換できない出産当日用に、最低1枚は専用ショーツを用意しましょう。診察時も、専用ショーツのほうが便利です。

産褥パッド

悪露と呼ばれる出産後の出血を吸い取るために使われる衛生用品です。生理ナプキンとよく似ていますが、生理ナプキンより大きく、厚みもあるのが特徴

前開きのパジャマ

前開きで透けない素材のものを用意しましょう。授乳や悪露で汚れることもあるので最低2枚は必要です。お腹を締め付けず、診察を受けやすいネグリジェもおすすめです

授乳ブラ・ハーフトップ

片方ずつ開閉できる授乳専用のものか、フロントホックのものを2~3枚用意しましょう。つけたまま休んでも楽なソフトタイプのものがおすすめです

腰巻き・T字帯

腰巻きは、産後の出血で衣類や寝具を汚さないようにするもの。ビニールのシートをベットに敷く場合も。T字帯の代わりに大人用紙おむつを使用するところも

ヘアゴム・ヘアピン

授乳中に髪の毛が落ちてくるのはとっても邪魔です。がっつり止められるように準備しておきましょう

ペットボトルストロー

陣痛時の定番品。寝ながら水分補給が出来るので便利です。ちなみに、赤ちゃんが大きくなってくると、赤ちゃんの水分補給用に使えるので案外長く使えます

ティッシュ

1 2