1. まとめトップ

値上げするものを月別にまとめてみた

急激な円安の進行、原材料価格の高騰などの影響で、様々な商品の値上げが相次いでいます。カップ麺、冷凍食品などの食品から、電気ガス料金などどれも私たちの生活に身近なものばかり。そこで2015~2018年に値上げするものを生活必需品を中心に順にまとめていきます【2019年も随時更新】

更新日: 2018年12月12日

148 お気に入り 1445704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lifexyzさん

【2019年】

4月:食塩、マルちゃん、チルド麺など

【食塩】
塩事業センターは2019年4月1日出荷分から、食塩など一部商品の価格を値上げする。

【東洋水産”マルちゃん”など】
東洋水産「マルちゃん」ブランドの生麺や冷蔵食品、家庭用と業務用の冷凍食品の計200品目以上を2019年4月1日の納品分から値上げ。例えば「マルちゃん焼そば3人前」などが値上げ。

【日清食品チルド麺など】
日清食品チルドのチルド麺製品が2019年4月1日の納品分から値上げ。
「行列のできる店のラーメン」「日清焼そば3人前」など。

家庭用の塩などを販売する公益財団法人、塩事業センター(東京)は12日までに、来年4月1日出荷分から食塩など一部商品の価格を値上げすると発表

食塩

東洋水産は2019年4月1日納品分より、「マルちゃん」生めん・チルド商品、市販用・業務用冷凍食品を値上げ

東洋水産

「行列のできる店のラーメン」「日清のラーメン屋さん」「つけ麺の達人」「日清の太麺焼そば」「日清焼そば 3 人前」「日清焼うどん」「日清の冷し中華 3 人前」「日清のラーメン屋さん 冷し中華」「涼麺」各種などが対象で、メーカー希望小売価格の3~9%値上げ

日清食品チルド麺

【アイス】
ロッテが2019年3月1日出荷分からアイスクリーム全54品目中29品を値上げ。
値上げするのは「爽バニラ」「雪見だいふく」など。
値上げ幅は6.1%~10%。

江崎グリコも3月出荷分から55品を値上げ。
値上げするのは「パピコ」や「アイスの実」など。

森永製菓も3月出荷分から「チョコモナカジャンボ」などアイス7品を10~20円値上げ。

明治もアイスクリーム23品を3月1日から値上げ。
例えば「明治エッセルスーパーカップ超バニラ200mlは、130円が140円になる。

「爽 バニラ」税別希望小売価格130円は140円(改定率7.7%)、「ミニ雪見だいふく」330円は350円(6.1%)、「ガーナ濃密チョコレートアイス」420円は450円

ロッテ

「明治 エッセルスーパーカップ 超バニラ」200mlは希望小売価格税別130円が140円に、「明治 うずまきソフト」70ml×3種×各2個は330円が350円に、「辻利お濃い抹茶」45ml×7本は500円が550円になる

明治

現在は通常価格を1080円、平日のみ65歳以上の料金を割り引く「平日シニア価格」を1000円に設定しているが、前者を1200円、後者を1100円に引き上げる

QBハウス

1月:家庭用小麦粉、新聞など

【家庭用小麦粉など】
日清フーズが2019年1月4日出荷分から家庭用小麦粉など23品を1~4%値上げ。
「フラワー」は6円、「カメリヤ」は2円値上げとなる。
業務用も最大5%ほど値上げ。

日本製粉は家庭用小麦粉を1月4日出荷分から1~3%値上げ。
ミックス粉の価格も2~3%アップ。

昭和産業も家庭用小麦粉、プレミックスを1月4日出荷分から値上げ。

【読売新聞】
1月1日から読売新聞の購読料が値上げ。
朝夕刊セットは4037円→4400円に、朝刊単体は3093円→3400円に引き上げ。朝刊の一部売りも130円→150円になる。

日本製粉は12日、家庭用小麦粉を2019年1月4日出荷分から1~3%値上げすると発表した。お好み焼き粉や天ぷら粉など「ミックス粉」の価格も2~3%上げる

日本製粉

昭和産業は11月2日、家庭用小麦粉、プレミックスの製品価格を、2019年1月4日出荷分より改定すると発表

昭和産業

朝夕刊セットは4037円から4400円、朝刊単体は3093円から3400円に引き上げる。朝刊の一部売りも130円から150円に改定

読売新聞

【2018年】

11月:電気ガス料金、サトウのごはん

【電気・ガス料金】
大手電力10社の11月の家庭向け電気料金を全社が値上げ。
主要都市ガス4社も全社値上げ。
全社の値上げは4か月連続となる。

【サトウのごはん】
包装米飯「サトウのごはん」が
11月21日出荷分から4~25円値上げ。

10月:たばこ、電気ガス料金等

【電気・ガス料金】
大手電力10社の10月の家庭向け電気料金を全社が値上げ。
主要都市ガス4社も全社値上げ。
全社の値上げは3か月連続となる。

【たばこ】
10月からのたばこ税増税に合わせて値上げとなる。
日本たばこ産業(JT)、米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の大手3社がそろって値上げを申請。
加熱式たばこも値上げの対象となる。

JT・日本たばこ産業は「メビウス」など150銘柄で10円から100円、フィリップ モリス ジャパンは、「マールボロ」など91銘柄で10円から40円、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは、「ケント」など93銘柄で20円から40円値上げ

JT、たばこ150銘柄を10~100円値上げ 「プルーム・テック」「メビウス」など対象 itmedia.co.jp/business/artic…

BATJ、紙巻きたばこ76銘柄を20~40円値上げ 「ケント」「ラッキー・ストライク」など対象 itmedia.co.jp/business/artic…

9月:サバ缶、崎陽軒のシウマイ弁当など

【サバ缶】
マルハニチロのサバ缶が9月1日出荷分から約10%値上げ。
対象は全33品で値上げは4年ぶりとなる。

【崎陽軒のシウマイ弁当】
崎陽軒がシウマイ弁当などを9月1日から値上げ。例えば定番の「シウマイ弁当」は830円→860円となる。

対象商品は「さば水煮」「月花さば水煮」「月花さばみそ煮」「さばのカレー煮」「機能性表示食品 さば水煮 M 記憶をサポートする」「機能性表示食品 減塩さば水煮 N 中性脂肪を低下させる」など

サバ缶

定番の「シウマイ弁当」は従来の830円から860円へと変更に。他の商品も10~50円の値上げ

崎陽軒

8月:電気・ガス料金、燃油サーチャージなど

【電気・ガス料金】
大手電力10社の8月の家庭向け電気料金を全社が値上げ。
主要都市ガス4社も全社値上げ。

【燃油サーチャージ】
全日本空輸、日本航空などが8月1日から9月末までの2ヵ月間、国際線の燃油サーチャージを値上げ

【リンガーハット】
長崎ちゃんぽん店「リンガーハット」が主なメニューを今月10日から平均3.3%値上げ。
対象商品は「長崎ちゃんぽん」「長崎皿うどん」など13品。
値上げの理由は、最近の猛暑など天候不順により国産野菜の価格が上昇したため。

【Netflix】

1 2 3 4 5 6 7 8