1. まとめトップ
  2. カラダ

若者も…食べ過ると非アルコール性脂肪性肝炎になってしまうかも

気をつけていてもついつい食べ過ぎてしまう…でも、そんな生活をずっと続けていると非アルコール性脂肪性肝炎という病にかかってしまうかも!アルコールをあまり飲まなくてもかかってしまう肝炎NASHとはどんな病気なのでしょうか?

更新日: 2015年01月12日

蜜柑丸さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
134 お気に入り 84732 view
お気に入り追加

◆ついつい食べ過ぎてしまう…

注意していてもついつい食べ過ぎてしまいます。

最近、若い人で肥満の人が増えています

朝ごはん食べ過ぎて怠くなってしまった、、、食べ過ぎはいけない、、、

昨日あんなに食べ過ぎ注意トークしたのにお昼ごはんピザとラーメンって駄目だと思う(´・_・`)

チョコ食べ過ぎー。軽くリバウンドしてる気がする、今日からピラティスやろう背中とおしりのお肉消えてほしー(ーー;)

◆非アルコール性脂肪性肝炎という病がある…

日本では推定200万人の患者さんがいると言われています。

アルコールをそれほど飲まなくても、食事量が多いだけで炎症を起こすのを「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」という

日本人は NASH になりやすい人種ですので、肥満の日本人は要注意

ただし、太っているから患うわけではない

必ずしも全員がかかるわけではない。

推定患者は200万人といわれ、NASH予備軍は1000万人ともいわれています

俺も、非アルコール性脂肪肝炎て診断されたことがありました

食生活が乱れすぎて非アルコール性脂肪肝炎だと診断されてしまった俺は…

◆どんな症状が出るのか?

脂肪肝になり、その後NASHに。最悪の場合、NASHから肝硬変や肝がんになってしまう事も…

肝臓は、たまり続ける脂肪を燃やそうとするのですが、その過程で、不完全燃焼から有害な活性酸素が発生し、肝臓の細胞を攻撃し、炎症を引き起こしてしまう

NASHを放置していると、肝細胞は「線維化(せんいか)」といって硬い状態になり、それが進行すると肝硬変や肝がんにも結びつく

NASHは比較的新しい疾患概念であり、日本には経過を追った大規模な研究がなく、どの程度の頻度で発症し、どの程度の人が肝硬変や肝臓癌にまで進行するのが明らかになるまでには、今後の多くの研究を待たなければなりません

これからの研究が待たれる。

◆改善方法は?

飽食の時代。食べ過ぎてしまわないように、食事量をしっかりと決めたり、運動を定期的に行う事が大切です。

特効薬や確立した治療法はないので、食事と運動で脂肪肝の状態を改善させることが中心となる

肥満や脂肪肝と診断されたら食生活を改善し、運動で体重を落とすことが重要

ライフスタイルを改めても肝機能異常が治らない場合は、薬物療法が行われる場合もあります

今後も患者数の増加が予想されることから、、診断方法の開発や、新規治療法の開発が進むことが期待されている

1 2





海外、医療・福祉、サイエンス、生活の知恵、スポーツなどを中心にまとめています。

このまとめに参加する