1. まとめトップ

【WiFi】日本ではまだ普及途中の公衆無線LAN・無料無線LAN一覧

日本ではまだまだサービスとしての普及は遅い公衆無線LANや無料無線LANの情報をご紹介

更新日: 2016年11月05日

7 お気に入り 1856 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

公衆無線LANスポットとは

無線LANスポットは、無線LAN(Wi-Fi)を利用できる場所のことを指します。そこに「公衆」が加わると、不特定多数のユーザが無線LANを利用できる場所という意味になります。

徐々に普及中ではありますが、公であるため、通信にセキュリティがかけられていないことが多く、利用時には自己防衛も大切になります。無料だからといって、むやみに使わないことも大切です。

FC2 WiFi

無料や有料のWEBサービスを大量に提供している大手のFC2主催のWiFiサービス。オーナー登録した人に無線ルーターを貸出しして、全国に無料通信網を広げようとしている。簡単に無料ID登録するだけで使えるのが魅力。

オーナー登録すると自宅の回線を開放する代わりに、ルーターが無料・無期限で借りられます。ま、レンタル代として人にも使わせてあげる感じですね。

斬新な条件つき無料WiFi

広告を見ると無料で接続できるWiFi、これが街中に普及してくれたらもう無線LANスポットなんて探さなくてよくなりますね。ぜひ普及して欲しい。

さすがのアキバの広告ですね。ほぼ萌え系が毎日配信されているようです。
電気街口の方に出てすぐのゾーンがすっかりこの広告配信でのWiFiスポット、として定着中です。

まだこちらの図のように、Wifiシリンダーのエリアは限定的のようですが、今後スポンサーが豊富で普及したら広がりそうですね。

FON

最初だけFONの無線LANルーターを購入する必要がありますが、これを自宅で使い、世間に提供することで、自身も屋外で無線LANをバンバン使えるようになれば、結果、安い投資で済んだことになります。

都営地下鉄と東京メトロの計143の駅で無料Wi-Fiサービス

該当する駅であれば、社外での仕事もはかどるに違いない。1回の接続は3時間までだが、利用回数の上限はない。

自治体も巻き込んでITの普及エリアとして、ビジネスマンへの利便性等を謳い、その後の都市発展を見込んだ、いい先行投資だとは思います。

Japan Connected-free Wi-Fi は、NTTグループにおけるWi-Fiに関する専業会社『NTTBP』が提供しており、すでに全国の主要駅・主要空港・観光施設などに約9万のアクセスポイントを設けている。

セブンスポット

セブンイレブンの店内、および近くでは、このサービスが普及中で、セブンスポットの会員として、無料会員登録することでWiFiが利用可能になります。

LAWSON Wi-Fi

1 2