1. まとめトップ

「安さ」で物を買うと、人生がときめかないらしい!

近藤麻理恵さんが「世界で最も影響力のある100人」に選出されました。金スマでもそのシンデレラ・ストーリーが紹介された時、こんまりさんが言っているこの「ときめき」が大切なんだと思いました。お金基準から自分基準にすることが運を良くする秘訣なんだと思います。やましたひでこ・美輪明宏・心屋仁之助

更新日: 2019年01月29日

33 お気に入り 19771 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomato135jpさん

あなたは物を買う時、何を基準に選んでいますか?

「本当は、これがいいけど安いからこっちでいいや」

がまんして、本当はこれ好きじゃないけど、
安いから……という理由だけで、
いつも安い物ばっかり使っていると「私は、こんなもんなんだ」と、
自分をどんどん落としていくことになりますよ。

結果、好きでもないものに囲まれ
結果、余分なものを手に入れ
結果、ときめかないものに囲まれ
結果、大切なものを失っていく

いちばん
損する
 
いちばん
高くつく

「自分のときめき」が基準の近藤麻理恵さん

ときめくかどうか。心にたずねたときの、
その感情を信じてください。
その感情を信じて行動すると、
本当に信じられないくらい、
いろんなことがどんどんつながりはじめ、
人生が劇的に変化していきます。

こんまりさん自身の人生が劇的に変化してますね。

断捨離のやましたひでこさん

「不要・不快・不適」なモノを
「要・快・適」に入れ替えることで

見えない運気まで向上させることが
できるのです。

出典https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=738381356259583&id=317517688345954

美輪明宏

たとえ六畳一間でも、自分の住む部屋は
ドラマの大道具や小道具を揃えるつもりで、
ドラマチックに演出しなさい

「安いから」「手軽だから」で選ばずに、
自分で手に入れられる価格の中で、
最も美しいと思えるものを選んで身のまわりに置きなさい。

自分がどういうドラマのどんな主人公になりたいかをイメージして、
その主人公に相応しい生活を、ドラマのセットをつくるように自分で揃える。
そうすると人生がその筋書きに向かって動き始める

心屋仁之助

自分が何かを選ぶ時の基準を変えれば人生は変わる

損得、ではなく、好き嫌いで選ぶ。
好きだったら、高くても選ぶ
嫌いだったら、安くても選ばない
好きだったら、損してでもやってみる、行ってみる。
好きだったら、怒られてもやってみる。

「シンプルに生きる」

欲しくてたまらないけれど、
値段が高くて手の届かない憧れのソファーがあるとしたら、
間に合わせのソファーを
「とりあえず」購入するのではなく、
貯金をして、時間をかけてでも
そのソファーを手に入れましょう。
間に合わせのソファーを手に入れてしまえば、
結局は自分がその程度のものに
なじんでしまうことになるからです。
上質のものは、使うほどに、
必ず優雅に、上品に美しく変貌していきます。

出典シンプルに生きる―変哲のないものに喜びをみつけ、味わう

「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」

ふだん何気なく持ち歩いていた小物が、
モチベーションをアップさせ、
ひいては未来を変える最高の ツールになるわけです。

「安いから買う、高いから買わない」という
外部の基準に振り回されるので はなく、
「欲しいから買う、欲しくなければ買わない」
という主体的な基準で行動するのです

出典稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

「ガラクタ捨てれば自分が見える」

自分に、当座しのぎのものを与えてはいけません。
あなた自身に最高のものを与えていくと、
他の分野でも最高のものが呼び寄せられてくるようになるのです。

出典ガラクタ捨てれば自分が見える

「ハートの磨き方」

本当に欲しいものが手に入るまで自制心ですよ。
ムダなものは買わない。
値段で買わない。
無駄を貯めない生き方を選択しましょうね。
安っぽい女になっちゃダメだよ。

無駄が多いから、まあいいか、が多いから
どんどん運が落ちるのよ!

出典ハートの磨き方

1