1. まとめトップ

【2015年の干支☆】羊が登場する西洋絵画まとめ【ひつじ】

2015年の干支は羊ですね。安泰や平和の象徴でもあり、神への捧げものやキリスト教美術では春の寓意でもある羊。今回はそんな羊が登場する西洋絵画のまとめをお届けいたします♬

更新日: 2017年04月27日

zero_dessinさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 5359 view
お気に入り追加

2015年の干支は「ひつじ」!

穏やかなイメージの羊は「家族の安泰」や「平和」の象徴

西洋絵画にもよくモチーフとして登場するひつじさん

ダ・ヴィンチ「聖アンナと聖母子」

自身が将来遭遇する受難の象徴である生贄の子羊をしっかりと手でつかむキリストと、それをたしなめようとしているマリアの姿が描かれている。

羊飼いは牧羊生活の描写や春の寓意であったり、「よき羊飼い」というのはキリストの博愛を象徴します

今回はそんな2015年の干支「ひつじ」が登場する西洋絵画作品を色々見ていきましょう♬

メェ〜♪ @・ェ・@

フランソワ・ミレー 「羊飼いの少女」

フランソワ・ミレー【夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い】

アーベルト・カイプ「牧草地の羊の群れ」

ヤコポ・バッサーノ「羊飼いへの告知」

シャルル=エミール・ジャック「羊飼い」

アブラハム・ホンディウス「羊飼いへの告知」

古代ローマ時代フレスコ画「プリクソスとヘレ」

ポール・ピール「幼い羊飼い」

ジュリアン・デュプレ「羊飼い」

1 2





zero_dessinさん