1. まとめトップ
  2. おもしろ

人気キャラのモデルにも。4本の角を持つ「ジャコブヒツジ」が神々しい

2015年は未年。ヒツジはか弱い動物といったイメージを覆す、4本角の力強く神々しい羊「ジャコブヒツジ」を紹介します。

更新日: 2015年01月01日

148 お気に入り 66174 view
お気に入り追加

神々しい…4本の角を持つ羊

古代から存在すると言われる4本角のヒツジ。

ジャコブの起源はメソポタミアに始まるといわれ、聖書の創世記にも出てくる非常に古い羊で、その後スペイン、ポルトガルの移民がアフリカへ連れて行き、飼育が始まったといわれる

なんと旧約聖書にも登場するほど、古い種のヒツジです。

オスにもメスにも2~4本、多くて6本の角が生えてきます

ヒツジには珍しく、茶(黒)と白の斑模様をしているのが特徴で、ウシ柄のヒツジといった感じ

この神々しい佇まい…

ジャコブは斑のナチュラルカラーのため染めずにナチュラルカラーのまま混毛したり白・グレー・茶と分けながらニットや生成り生地に織られる

みんなの良く知っている羊のイメージとはちょっとちがうような気がするジャコブヒツジ

あの人気キャラクターのモデルでもある

Eテレ「おかあさんといっしょ」のキャラクター。
ジャコブヒツジがモデルの男の子。

ジャコブは、NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の人形劇「ポコポッテイト」のキャラクター、メーコブのモデルになったヒツジ

Eテレ「おかあさんといっしょ」のコーナー「ポコポッテイト」に登場するお坊ちゃんキャラの「メーコブ」は、ジャコブヒツジがモデルです。

決め台詞は「このぶち模様は名門ジャコブ家の伝統のしるし、何を隠そう僕はヒツジのプリンス『メーコブ』だ」

メーコブは自称「羊のプリンス」。

ジャコブヒツジを見られる動物園は?

国内の動物園(公益社団法人 日本動物園水族館協会加盟園館)でジャコブが見られるのは、金沢動物園だけ

国内では横浜市の金沢動物園でのみ、見ることができます。

この羊は希少らしく、北海道でも飼育されている他は、この「横浜市立金沢動物公園」で飼育されているくらい

横浜市立金沢動物園にいる1歳のジャコブ「アズキちゃん」(メス)は、2013年2月23日に北海道の牧場で誕生し、昨年7月28日に同園に仲間入りした

アズキは人見知りなので、なかなかお客様のそばには近寄れないのですが、展示場には毎日出ています

みんなの声

このジャコブヒツジって動物、旧約聖書の創世記にも登場する古い品種らしいんだけど、普通は四本角だが五本六本の個体も居るみたいで神話の世界から出てきた感半端ない pic.twitter.com/TdzjXXnRBL

いや、ジャコブヒツジかっこいい。この頭蓋ほしいな。日本で飼育しているところないかしら。 pic.twitter.com/KrYmLN4bbi

勇ましい羊を検索したらでた 『ジャコブヒツジ』 ツノが4本も生えてるwww 2015が良い年になりますように pic.twitter.com/hv11fGWee0

羊は全身白いのと顔や足は黒いのに毛は白いのとかいるけどジャコブヒツジに至っては白黒で角が2本または4本とか禍々しすぎるがこれがいーてれの子供番組のキャラやってるとかすごいな

おかあさんといっしょにでてくる着ぐるみ三匹の中の牛みたいなやつが実はこのジャコブヒツジなんですが口癖が「モ~!」なんですよ 他の二匹もラーテルにマンチカンと、子供番組らしからぬマイナーチョイス

ギャラリー

1 2





質を大事に、自分なりの視点でまとめを発信していきます。

【得意分野】
IT
スマートフォン
音楽
雑学
子育て
レッサーパンダ

よろしくお願いいたします!