1. まとめトップ

ネイル・マニキュアをきれい上手に塗るコツ・テクニック秘訣【セルフネイルに役に立つ】

セルフネイルをする時に、、綺麗にマニキュアを上手に塗るコツ、テクニックをまとめてみました。知っておこうと役に立つ情報です。

更新日: 2016年04月01日

old78sさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
947 お気に入り 1613707 view
お気に入り追加

マニキュアを塗るコツ あれそれ

まずは爪を綺麗にしよう

油分や汚れが残っているとネイルに凸凹が出来て、はがれやすくなります。コットンや綿棒にリムーバーをつけて、爪の表面を拭きましょう!
更に、ベースコートを塗って地爪を守りましょう。

1.甘皮処理

甘皮とは、爪の根本にある薄い皮の部分です。この甘皮は、爪と皮膚の間から細菌等が入るのを防ぐ役目をしてくれていますが、ネイルには邪魔不要なので、処理をしておきます。
やり方はとっても簡単♪

①お風呂に入って、5分ほど手をふやかす
②自分の爪で、上にこするように優しく押す(強くやるのはダメ!)

たったこれだけ!特に必要な道具もありません。
やりにくい時は、爪楊枝などの細いものを使って行いましょう。

ポイントはマニキュアの量!

量の目安は、ハケの先半分くらいに残す程度。

マニキュアを塗る場合は、利き手から先に塗りましょう。

その理由は、利き手の指から先に乾いたほうが便利なため。
利き手ではない指を先に塗ってしまうと、塗ったばかりのマニキュアを傷つけてしまう可能性もあります。

また、利き手のマニキュアを上手に塗るためには、テーブルの上で手をきちんと固定させましょう。
手の平をテーブルにつけて、爪をハケを持っている手の方に向けると、スムーズに塗れます。

.肘をテーブルについて手首をくっつけて手を支えます。
自分のほうに爪を向けて、手首同士くっつけて支えにします。
これで苦手な手もブレません♪

ベースコートを塗る

ポリッシュを塗る前に使います。爪の表面を滑らかにし、ポリッシュの接着度を高める役割をしています。また、ベースコートを塗ることで、爪をダメージや色素沈着から守ることにもなります。

ネイルは中央→サイド→中央の順番で塗りましょう♪

何度も塗るとムラの原因になるのでスピーディーに!
根元から約1mmほどあけてぬると、はがれにくく綺麗に♡
また、最後に爪の先の縁を塗ることで、マニキュアがはがれにくくなります♪
すべての爪に塗り終えたら、最後にトップコートを塗って仕上げます。

マニキュアは根元から爪先へ向かって塗ると塗りやすいです。

ムラにならないように中央→右→左の順塗る(3~4回の動きで終わるのがベスト!)
・乾いたらもう一度同じ手順で塗る(発色がかなり良くなります☆)

■トップコート…

ポリッシュを塗った後に使います。ポリッシュの輝きを強め、ポリッシュが剥げたり欠けたりするのを防止してくれます。トップコートには、透明なものの他にもラメが入ったものなどがあります。

濃い色のマニキュアをきれいに塗る方法

濃い色(赤など)のマニキュアをきれいに塗るには、二度塗りがオススメ。
最初は薄めに塗ると効果的です。

また、爪の中央部分から塗り、ハケを爪の甘皮の形に合わせてから、一気に爪先まで塗ります。
最後に、両サイドを整えるときれいに仕上がります。

薄い色のマニキュアをきれいに塗る方法

最初に多めにハケに取り、素早く塗ること。
三度塗りをして、最後にトップコートで仕上げれば、きれいに色が出ます。

最初に多めにハケに取り、素早く塗ること。
三度塗りをして、最後にトップコートで仕上げれば、きれいに色が出ます。

また、薄い色のマニキュアは、爪先が剥がれやすいので、爪の裏にも塗っておきましょう。

動画で学ぶ

関連まとめ

1 2





ハンドメイド、DIY,海外手作り情報、無料テンプレート素材、インテリア、収納など好きなものを趣味程度にまとめていきたいと思います。100選をたくさん最近作っています