1. まとめトップ

お風呂前、後、どっちが痩せる?ダイエットしたい人が知っておくべきこと

ダイエットしたい人におすすめ!お風呂の入り方を変えればやせることができます。

更新日: 2017年02月13日

248 お気に入り 540896 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meigen100さん

Q:水分をとるならお風呂の前?お風呂の後?どっちが痩せる?

水分を取るならお風呂の前!

お風呂に入ると、300~500mlの汗をかきます。入浴中に汗をかくと、血液の粘度が高まり、いわゆる「ドロドロ血」になります。

「ドロドロ血」の状態で入浴すると、血圧の急上昇により血管は詰まったり破れたりしやすくなります。
それは脳卒中や心筋梗塞という症状になってあらわれます。

入浴後は喉が渇くので水分補給をする人は多いのですが、大切なのは、入浴前にも水分補給をすることです。
ただしガブ飲みは血液中の水分が急に増え、血圧が上がることもありますので、「入浴前後に各々コップ1程度の水を飲むこと」を心がけましょう。

なお、水を飲んでから15分ほどでサラサラ血になりますので、入浴前の水分補給は、「入浴15分前」と覚えましょう。

できれば、お風呂のあとも水を飲んだほうが良いです。

日頃から水分をとっている人はお風呂後に

「日中、普通に水分をとっているなら、入浴前にわざわざとる必要はなし! 入浴後、一時的に体重が減るのは、水分が失われただけで脂肪が減ったわけではありません。発汗量は、入浴中よりもお風呂から出た後の方が重要なので、失われた水分をすばやく補うことが重要。体内の水分が入れ替わってめぐりがよくなると、代謝がアップします」

お風呂上りに冷やすと痩せやすくなる!

「風呂上がりには、一度冷やすことで体温を上昇させる褐色脂肪細胞を冷水で刺激することも忘れずに。 このひと手間で、エネルギー燃焼率のいい、やせやすい体を作ることができます」

【1】水は入浴前に飲む
入浴前にコップ1杯、入浴中は500mlのペットボトル1本、入浴後もコップ1杯の水を飲むのが理想。常温か白湯が◎。

【2】体温にも近いぬるま湯に
37~39℃の体温に近いお湯のほうが発汗しやすい。湯船には10~30分、トータルでも30分~1時間はいるとよい。

【3】上がるときは冷水を
わき、股間、背中、ひざの裏部分が、エネルギーを燃やす褐色脂肪細胞の多い箇所。心臓に遠い部分から少しずつ冷水をかけて。

【4】1時間以内に寝る
どんなにリラックスしても、入浴後2時間も3時間も起きているのは申し訳ないがNG。1時間以内にはベッドにはいるようにしよう。

Q:夕食はお風呂の前?後?どっちが痩せる?

夕食はお風呂の後

「お風呂で湯船につかると、全身に血液がめぐってポカポカになりますよね。本来、食事のときは胃腸などの消化管に血液を集中させて消化活動を行うので、血流が分散していると、消化管の活動が抑えられます。また、水圧で胃も圧迫されるので、食欲がダウン。つまり、入浴の後に食事をとるのが、食事量を減らすにはベターなんですよ」

しかし、食後はNG

食事直後は入浴は控えた方がいいですNG

食べた直後っていうのは、食べた物を消化しようと内臓は働きまくりです。とくに胃腸関係はもの凄く活発。そんな活発な時にお風呂に入って体温を上げてしまうと、内臓全体、そして皮膚の表面に血流が分散してしまうので逆効果。せっかく胃が活発なのに、その働きを弱めてしまうんですね。

❶朝食にシリアルを食べる
❷そうめんを食べる
❸炭水化物をぬく
❹ミルクティーを飲む
❺フルーツジュースを飲む
❻フルーツをたくさん食べる
❼オリーブオイルを多用する

Q:筋トレやストレッチするならお風呂の前?後?どっちが痩せる?

筋トレやストレッチはお風呂の前

入浴後では筋肉がゆるんでしまい、筋トレ効果はゼロ!
「筋肉に負荷をかけて緊張状態にするのが、筋トレ。お風呂に入ることで、筋肉だって緊張がとけ、リラックスした状態に。それなのに、その後わざわざ筋肉を疲れさせるなんて筋肉もつきにくいし、筋肉痛を招くだけでムダ。筋トレ後にお風呂で血流をよくして、疲れをとったほうがいいに決まってますよ」

お風呂前とお風呂後で同じトレーニングを行い、筋肥大に違いがあるかを実験した結果というのを見たことがないので何とも言えませんが(笑) 個人的には、お風呂上がりは副交感神経が優位となり、筋肉も弛緩しているはずなのでトレーニングや運動には適さないと思われます。なのでオススメはしません。

わざわざお風呂上がりにやる理由がなければ、トレーニング後にお風呂に入り、入念にストレッチなどを行った方がコンディションを整える意味でも精神的なリラクゼーションにも良いと思いますよ。

お風呂に入るときは要注意!直前に体を冷やしたほうがいい

筋トレをすると、筋肉が激しく損傷して炎症を起こしたような状態になり、熱くほてってきます。これは筋トレをしたら誰にでも必ず起きるので、炎症を起こすのがいけないということではありません。熱くほてって鍛えられた筋肉は、その後すぐにお風呂に入るよりも、冷やしたほうが筋肉の回復にとっては効果があります。そのため、筋トレの後にシャワーやお風呂に入るときでも、汗を流すという目的で入るならOKですが、ゆっくりと体を温めるまで長風呂にするのは避けたほうが良いでしょう。

1