1. まとめトップ

職場で幸せを感じるための15の方法

職場でもっと幸せになりたいですか? Gallupが発表した142カ国で行われた約2億人の従業員に対する調査に基づくと、全世界の従業員のうちのたった13%しか仕事に従事しているときに幸福でないことがわかりました。職場で幸せになれると実証された作戦を15個ご紹介します

更新日: 2015年01月10日

8 お気に入り 20190 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Nasu8さん

1. 仕事に意味を見出す

どういう部門のどういう仕事に就いていても、そこにどのような意味づけをするか、その仕事から何を学ぶかは、自分で考える必要がある。

残りの人生を砂糖水を売って過ごしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか

スティーブ・ジョブズ氏が将来Apple社のCEOになるJohn Sculley氏にcoca-colaを辞めるように説得したときの質問がこれです。「残りの人生を砂糖水を売って過ごしたいか、それとも世界を変えるチャンスが欲しいか」
なぜこの質問にそれほどの効果があったのでしょうか。好奇心と想像力を刺激したことに加えて、Scully氏に意味のある仕事をするチャンスを与えたからです。

自分の仕事がどのように他人に対して意味のあるポジティブなインパクトを与えるかわかっている社員は、そうでない社員より幸福感が高いだけでなく、はるかに生産的でもあるのです

2. "会社の巣"を作る

仕事でこれほど長時間過ごすのだから、そこでの幸福感を高めたいなら、自分だけの空間を作り、社則が許す範囲好きなように飾り付け、オフィスではできるだけ快適でリラックスした状態になるべきです

3. 職場の親友を見つける

職場で親友を持つと、ほどほどの仕事ぶりの人が熱心に仕事をするようになる」ことを発見しました。私は人を雇うときは、紹介に本気で注意を払うようにしています。社員が友情を大切にしているときは収益に貢献度が高くなるからです。
職場に友達がいると、お互いを助け合う体制や厚意や忠誠心が生まれるのです。

職場に友達がいる社員の方が仕事をおもしろいと思い、やりがいと満足感を感じる傾向がある

4. ほほ笑む

ほほ笑みのような簡単なことで職場での幸福感を向上させることができます。ほほ笑むと、神経ペプチドが分泌されるおかげで、脳に「もっと幸せを感じて」というメッセージが伝わるからです。ほほ笑むことは伝染もしますから、職場の同僚たちも笑顔にします。

5. 個人的な問題は家においてくる

過剰なストレスがあると、仕事が決して終わらないような気がして、壁の時計を見てしまうので、気が散って生産的ではいられなくなります。私生活を仕事に持ち込むのは容易ですが、仕事の日は職場に向かう前に個人的なことはしっかり片づけるようにしてください。

6. 将来に目を向ける

職場で今現在している仕事の多くが長期的プランと目標にも適応するとわかっていると、より良い決断ができたり、結果に対する満足度が高くなります。そのようなプランと計画を最前線に常に置いておくことでしかそれはできません。

7. 「ありがとう」と言う

感謝を表してもらうと、自分の価値が高くなった気がして、それがきっかけとなり自分が助けている人に対しても、自分の周囲にいる人たちに対しても親切に振る舞うように

8. 一息入れる

仕事の最中に燃え尽きてしまうのは驚くほどありがちです。だからこそ、次の仕事に移る前に、ちょっと時間を取って一息入れることが必要です。仕事のストレスから解放されてエネルギーを充電させる時間が重要。現に、休暇を取るとストレスから解放されるだけでなく、エネルギーの充電にもなります。健康を全般的に促進させて、仕事での生産性を高めることもできるのです。

9. 健康的な食事をして水分をしっかり取る

出典reraku.jp

仕事の日は正しい食事と適切な水分補給を続けると、目に見えてエネルギーレベルと仕事の姿勢に違いが出ます。
ランチのときに自動販売機のボタンを押す代わりに、ヨーグルト、アスパラガス、蜂蜜、チェリートマトを含む食事を取りましょう。血糖値を正常な範囲に保つ食事を取ると、頭痛や疲労がなくなり、集中力が高まります。

10. 整理整頓する

きちんとしたデスクは、仕事環境が立て込んでいてストレス度が高いという印象を減らすので幸福感が高くなります

職場を整理整頓しておくと、仕事の準備がより良くできて仕事がはかどります。「きちんとしたデスクは、仕事環境が立て込んでいてストレス度が高いという印象を減らすので幸福感が高くなります」。早く言えば、もともと仕事のストレスは十分なほどあるので、デスクの散らかりや無くなったものを探すせいで追加のストレスが発生するのを避けるということです。

11. 同時に複数の仕事をしない

神話に反して、マルチタスクは効率的ではありません。スタンフォード大学の心理学の教授であるClifford Nass氏は、マルチタスキングは「節約する時間より無駄にしている時間の方が多い」と主張します。さらに、集中力と創造性も低くなるとしています。
マルチタスキングで何とかうまくこなそうとしている膨大な仕事量で忙殺されるより、1つの仕事に集中しましょう。多くの人が簡単なチェックリストを使ってこれをうまくやり遂げています。

12. 他人をありのままに受け入れる

1 2