1. まとめトップ

インテルはいってるタブレット2(Si02BF)がなかなかすごいと評判に

2015年新春早々に、ビックカメラが税抜き19,800円にて販売を開始した、8インチWindows タブレット「インテルはいってるタブレット2(Si02BF)」がなかなかのコスパで一躍話題になっています。

更新日: 2016年10月11日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 81090 view
お気に入り追加

インテルはいってるタブレットとは

あまり深い意味のある名称ではなく、近年タブレットはiOSやAndroidが多い中の、intelのATOM CPUを使い、OSにWindowsを積むよな、Windows好きに人気のタブレットです。
Windows8が動くことから最低限ある程度のスペックがあることの保証にもなるので、新製品に興味がある人にはいつも注目されています。

ネーミングが秀逸。一時期の、パソコンの評価の代名詞に、「インテル入ってる」(=高性能)を謳っていた売り文句をうまくもじって耳につくようにしている。

一時期時代を築いた売り文句です。
当時はCPUはほぼintel一強時代とも言えるほどで、CMも店頭広告も、このマークばかりだったものです。

この「intel inside」のロゴは、一時期人気のロゴマーク。
響きもよく、なんか耳につくワードでした。これを和訳して、インテル入ってる、という標語のようになっていました。

往年のPCユーザーには、CMでの印象がとても強く、懐かしさとともに興味ひかれる名称になっています。

旧作。インテル社製CPU利用のタブレットという珍しい触れ込みで、Android機としては珍しいマシンとして話題になりました。

↑1はintel社CPU搭載で珍しいものの、あくまでAndroidタブレットだったため、当時はすでに、他にも安価なAndroidタブは多く、そこまで話題にならず、
↓2が、なんと!?ついにWindowsタブレットを、しかも2万円切りで発売したことで驚愕のニュースになっています。

インテルはいってるタブレット2(Si02BF)発売

ビックカメラは8インチ1920×1200ドットのディスプレイや64GBのストレージを搭載したWindows タブレット「インテルはいってるタブレット2(Si02BF)」を税抜き19,800円にて販売を開始しました。

OS:Windows8.1withBing
CPU:Atom3735F 1.33Hz(4コア4スレッド)
メモリ:2GB DDR3L
ストレージ:64GB
ディスプレイ:8インチ(1920×1200)

重量:約340g
インターフェース:ステレオミニピン、micro SDカードスロット、HDMI出力端子、microUSB端子など、インターフェースも多彩です。

このスペック・・・一時期の、8インチ~10インチの低価格帯のウルトラモバイル(UMPC)なんて、目じゃない高スペックですね。
当時1コア1.2GHzのAtomとかで4万円くらいで、ほぼ固まってばかりでWindows7が使い物にならなかったの考えると、これだけのスペックを搭載していて、それで2万円切りとは破格ですね。
キーボードがないので、あくまでタブレットとしての運用しかできませんが、持ち運びには大変便利です。

これで2万円切りは、なかなか価格破壊のいいタブレットと見てよいかと。生産・出荷も多ければ徐々に中古市場でもっと安く出回るでしょうし。

総合的な処理性能を計測するベンチマークテストアプリ「AnTuTu」のスコアは、十分レベルの性能を示す「21365」となった。
タブレットだからと性能が低い、なんていう先入観は覆してくれます。

ビックカメラ、コジマ、ソフマップの独占販売として、大々的に売り出し中です。
なお、あまりに人気で、すぐに初期出荷分は売り切れた模様です。
その後も増産、発売、売り切れ、とかなりの好評ぶりが見られます。

評判

オフィスいらなきゃコレ良いよね。
ぶっちゃけNMPとしてテレビに繋ぎっぱとして使ってもいい。
MPC入れればHi10p再生行けるし、1080pもモチロンOK。

実際に使用している動画では動作は軽快のようです。

Miix, ビックともしょぼい音だけど、Miixはスピーカー一つのモノラル、ビックのは一応スピーカー二つのステレオなので、
ビックのほうがマシ。実際聞けば一発で違いが分かる。

ただ、ビックのもしょぼい音には違いないので、音楽や動画の鑑賞なら、外部スピーカーなりヘッドフォンなりが必要と思う。

ブラウザゲームを手軽に楽しみたい人にはすごくよさそう。

昨日、近所のコジマに展示があったから触ってみた
意外とぬるぬる動くし画面も非常にきれい。軽くて質感もばっちりでほとんど文句の付けどころがない。
在庫も各色あったので当然買って帰りましたよ。
本当にいい時代になったもんだね。

結構目の肥えたユーザーにも人気の模様。

1 2





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。