1. まとめトップ

等身大パネルの作り方まとめてみた

大好きなハイ/キュー/澤/村/大/地くんの生誕祭のために情熱と愛をこじらせて等身大パネルを自作したところ、「作り方を知りたい」という声をいただいたので自分用のメモもかねて作業過程をまとめてみました。作成者Twitter⇒( @5ji6_3)ご質問等ありましたらお気軽にどうぞ。

更新日: 2015年01月03日

65 お気に入り 264349 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

とりあえず立った感じとか

大地さんお誕生日おめでとうございます;;;; 烏野の尊い大黒柱!!ほんとにほんとに大好きです…! #今日は烏野のお父さんの誕生日 #澤村大地生誕祭2014 #ハイキュークラスタさんと繋がりたい RTふぁぼ巡回させていただきます! pic.twitter.com/1xieZrES8p

いざパネル作成!まずは画像準備

せっかくの等身大パネルなので立ったイラストを使用したい!と、画像を探すところからスタートしました。
とにかくここでのポイントは「ファイルのサイズが大きいものを探す」ことです。

当初、公式のホームページからスクショしたものを印刷してみたところ、顔面がモザイク状態になってしまいやむなく断念。

最終的には「ハイキュー 等身大パネル」でGoogle画像検索をかけて出てきた公式パネルのお写真から大地さんの部分だけを切りぬいてパネルを作成しました。
自前のデジタルカメラで撮っておいた写真などを編集して使う、もしくは自分で描くと鮮明でキレイなパネルを作れると思います。

公式サイト キャラクター紹介ページ
http://www.j-haikyu.com/anime/index.html

↑↑↑
画像上からお試し印刷してみた結果がこちら
                  ↓↓↓

これまでの軌跡 (before→after) pic.twitter.com/A1IUGLMKdK

(クリックして拡大推奨)
こんな感じで、選ぶ画像によってかなり仕上がりがかわってきますのでご注意を!
公式絵以外の画像の無断使用はしないように気を付けましょう。

用意した画像の背景を透過

画像が用意できたら、まずは画像の背景をきれいにするところからはじめて行きます。

保存した画像をお手持ちのペイントソフトで開いて、背景を消しゴムでゴシゴシ消していきます。

(作成者はCLIP STADIO PAINTを使用していますがだいたいどのソフトでもできます)

又、作成者は上のような背景まっしろでパネル製作を進めていたのですが、この段階で図のようにキリトリ線を作っておくと楽かもしれないです。

保存をする前に、画像の「解像度」と爆上げしていきます。
この作業、侮るとパネルがモザイク状態になりますのでしっかりと行うことをおすすめします。

画面の左上の方にある「編集」というタブを開くと「画像解像度」というメニューがあると思うので、そこで倍率と解像度をマックスに引き上げましょう。

爆上げです。爆上げ。
ここまで頑張ったらレイヤーを全て結合して一度保存しましょう。

ここでワンクッション

ここからいよいよ等身大サイズの作業になってくるわけですが、この辺からウッカリ気を抜くと「あれ…自分まじで何やってんだろ…バカみたい…」と辛くなってくるので、気を抜かずに、ただひたすらにキャラを愛し作業することをおすすめします。正気は捨てましょう。

そして画像サイズがエグくなってくるため、容量が馬鹿になりません。
ここからの作業に移行する前にパソコンの容量の整理、又USBメモリや外付けハードなどを用意しておくと良いと思います。

画像を等身大サイズに編集する

左上の「ファイル」というタブから新規キャンバスを選択します。単位は「cm」に直しましょう。

高さはそのキャラクターの身長にちょっと余裕を持ったサイズ。
幅は45〜60くらいあれば十分だと思います。
解像度は最大値の1200にしておきます。

等身大新規キャンパスに、先ほど用意した画像をコピーして貼付けます。

処理落ちで強制終了になったら後がつらいので、しっかりと保存しておくと安心です。

※USB等への保存推奨。ハードに入れるとPCが鳴きます。

等身サイズから印刷可能サイズに分割する

苦労して画像をデカいサイズにしたはいいものの、このサイズでは自宅は愚かコンビにコピー機でも悲鳴を上げます。
その為印刷可能サイズに分割する必要があります。
なんとiphoneにはその作業を手助けしてくれる便利なアプリ(後述)があるようです。
残念ながら作成者はAndroidユーザーだったので、今回は手作業での分割方法のみ紹介させていただこうと思います。

手作業分割の場合

A4サイズにこまかくちまちま根気よく分割→保存をひたすら続けます。
本当にそれだけです。

作成者はA4用紙14枚でした。
保存完了後は自宅で印刷するも良し、USBに保存してコンビニでコピーするも良しです。

これは余談ではありますが、コンビニコピーの際はセブンイレブンのマルチコピー機で印刷モード「地図」でコピーをするときれいなのでおすすめ。

さて、次はいよいよパネルにしていく作業です。

使用したもの

*カラーボート450mm×600mm …5枚
*のり(トンボ シワなしPiT S) …2本
*ティッシュの空き箱     …2箱
*はさみ
*マスキングテープ
*ガムテープ
*紙ガムテ
*カッターナイフ
*紙やすり←あると嬉しい

基本的に100均で買えます。DAISOさん流石。

パネル作業

①印刷したA4の紙をキリトリ線にそって切る
②切った紙をマスキングテープで止めて、パネルをその形にカッターで切って行く
(パネルの仮貼りはガムテープではなくマスキングテープ推奨)
③やすりがある場合は、ここでパネルの切り口をきれいにする
④形に切れたパネルを、紙ガムテでくっつける
⑤①で用意した紙をパネルに慎重にのりで貼って行く

※④の紙ガムテは、その後表面にのりで紙を貼ることを考慮して使用しています。別に紙ガムテじゃなくても大丈夫だと思います。

実際の作業中の写真。
多分行程的には②あたり。自宅が殺人現場みたいになります。

1 2