1. まとめトップ

フジテレビがヤバ過ぎる理由!日枝久ととんねるずの関係!低視聴率で高額ギャラの謎

フジテレビがヤバい理由についてまとめました。日枝久社長が26年以上も絶対的な権力を握り続けたフジテレビは、安倍晋三など政治家と癒着して、番組では「とんねるず」など人気が落ち目の高額タレントを使い続けています。低視聴率&高額ギャラで使われるとんねるずの謎をまとめました。

更新日: 2019年06月24日

6 お気に入り 426453 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

「フジテレビの帝王」と呼ばれる日枝久社長

2011年9月1日より東京文化会館館長、同年10月20日より公益財団法人東京都歴史文化財団理事長。東京都生まれ。

日枝氏は1988年にフジテレビ社長に就任して以来、実に26年もの長きにわたってトップの座に就いている。

タレントや芸能プロに依存し、人事的にも硬直していったフジは、作る番組が徐々に視聴者のニーズと乖離していく

安倍晋三さんと癒着する日枝氏(フジ産経会長)

日枝氏と安倍晋三が頻繁に食事やゴルフで情報交換していると話題になっています。フジ産経グループと安倍さんの癒着で、安倍さんに有利な報道しか行っていません。

株主からは、日枝氏と安倍晋三首相が頻繁に食事やゴルフなどを重ねるほど親密な点についても批判の声

フジサンケイグループは、安倍晋三さんを熱狂的に支持している理由です。

テレビにおいては、自己利益に繋がるような宣伝、自己保身に走った姿勢、礼を欠いた取材態度などが批判されている。

フジテレビの日枝久さんの名前が沢山見て取れます。安倍晋三首相と頻繁に会食と毎週のゴルフ三昧。

(安倍氏が)午後からはフジテレビ会長と食事。18日は温泉施設「ふじやま温泉」で入浴して温泉を満喫し、19日も日枝久フジテレビ会長らとゴルフをする予定

出典ameblo.jp

フジ・産経グループは、安保法案のデモなどにおいても、安倍晋三に不利な情報を一切伝えないという「政府報道プロパガンダ機関」になっています。

◆とんねるずとフジテレビ日枝会長の癒着

このとんねるずの番組がなくなることはないだろう。それは、同番組が日枝久代表取締役会長の「会長案件」となっており、フジテレビの誰も触れることのできない「タブー」だからだ。

日枝会長ととんねるずは現在でも頻繁にゴルフに行く仲ともいわれる。1980年代半ば、『夕やけニャンニャン』でとんねるずが一大ブームを起こしていた時期に編成局長の地位にいたのが、その後フジテレビ社長そして会長へとのぼり詰める日枝だ。彼にとってとんねるずは出世への道を切り開いてくれた恩人にあたる。

『とんねるずのみなさんのおかげです』がはじまったのも、石橋貴明本人が「視聴率30%を取れなかった場合は、石田弘プロデューサーを飛ばしても構いません」とレポート用紙に書いて日枝編成局長(当時)に渡したのがきっかけであったと内幕を明かしている。このエピソードからも、日枝会長ととんねるずのズブズブぶりがよく分かる

『とんねるずのみなさんのおかげでした』の延命

とんねるずの石橋貴明と日枝会長は昵懇の仲。そのため、上層部は“退陣論”が蔓延する日枝氏の勇退時に、番組の粛清を考えていた

日枝さんと石橋(貴明)が高級な和食店に通っていた話もよく聞きます。

打ち切りが囁かれ続けてきた“フジテレビのお荷物番組”、『とんねるずのみなさんのおかげでした』が、一転、延命の様相を呈してきた。

フジテレビには、低視聴率なのに打ち切ることができない「不良債権」的番組が数多くある。その中で代表的なのが、『めちゃ×2イケてるッ!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』の2つだ。これらは長年、フジの隆盛に貢献してきたことから、簡単に終了させることができないという。

『ごきげんよう』出演時は平均視聴率5.7%

1 2 3 4