1. まとめトップ

ウォーキングにはコツがあった!少しの工夫でダイエット効果を大幅アップ【正月太り解消!】

正月は何かとよく食べ、ゴロゴロとする時期けど、気が付くとお腹まわりにお肉が増えていませんか?1日少しの運動で正月太りを解消してしまいましょう。

更新日: 2015年01月19日

7 お気に入り 13174 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

issue01さん

正月太りをしてしまった!

忘年会から正月にかけて
飲み会や美味しい料理が続き、
なおかつ運動の機会も極端に減ってきて気がついたら・・

正月太り怖いな今までそんな事なかったのに普段体動かさない腐った体だから一気に5kgも増えちったぁぁぁ

冬は太りやすい季節!?

冬は脂肪を蓄えやすく、
肌を見せないため太りやすい!?

動物は生物的にいえば冬はエネルギーを極力使わずに、溜め込むようにできているため、それが太りやすい原因という説もあります。

「肌の露出度」と「きれいにやせさせるホルモン=女性ホルモン(エストロゲン)」の分泌量には、かなり密接な関係があるのです。

厚着の時は肌の露出が無いために太りやすい!は科学的に実証されていた!

そんな冬こそウォーキングをしよう!

なぜウォーキングなのか、それは無理なく手軽に”有酸素運動”を出来るからです。
有酸素運動とは、酸素を体内に取り込みながら運動をすることで脂肪を燃焼させる事です。

ウォーキングは、歩くだけっていうその手軽さが最大の売りです。通勤、通学、買い物、送り迎え。1日に1回、外に出る生活をしている人なら誰でも簡単に取り入れることができて、継続しやすく、効果も抜群。

ウォーキングは手軽にだれでも出来る

ウォーキングのように適度な運動は、カラダの健康とこころのリフレッシュにつながります。健康な心臓と肺は脳により多くの酸素を送るので、頭がスッキリし、緊張もほぐれます。

ウォーキングをする事で、ダイエットだけでなく日々の生活にもこんなメリットが

▼では、具体的にどうすればいいの?

手軽に出来る有酸素運動であることはわかったけど、
効率的に痩せたい!という人は、具体的にどのように実践すればいいのでしょうか?

行うのはズバリ朝食を食べる前!

運動を始めると、まず糖質がエネルギーとして使われ始めますが、朝食前は血液中に糖質が少ないので、かわりに脂肪が燃えやすくなるといわれています。

睡眠も実はかなりのエネルギーをつかているんです。けど、空腹の時は使うエネルギーが無いので無理をしないようにしてください。

ウォーキングの前に、カフェインをとるといいです。コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェインには、脂肪の分解を促進してくれる効果があります。ウォーキングに出かける30分前ぐらいに飲めば、さらに効果アップが期待できるってわけです。

朝できない人は筋トレをしてから歩こう

筋トレを行うことで分泌される、脂肪を分解してくれるホルモンというものがあります。筋トレを行うと自律神経の交感神経が活発になり、副腎からアドレナリンが分泌されます。
体脂肪は筋トレによって「分解」されただけでは「燃焼」して消費したことにはなりません。分解された脂肪は血液中を駆け巡り、エネルギーとして使われるようにスタンバイされている状態になっています。

さらに筋肉量の増加は基礎代謝(1日生活するだけで消費されるカロリー)を上げることに繋がります、

呼吸は自然に、大股&早足で

ウォーキングは背筋を伸ばして、いつもより少し大股で、少し早足で歩くと効果がグンとあがります。

呼吸は自然に任せて、自分の最も楽な方法で良いと思います。
通常は鼻で呼吸しますが苦しくなってきたら口で呼吸して良い
と思います。

ペースや頻度は体調と相談しながら

痩せるためには、無理なく習慣化していく事が大切!

1回の時間は出来れば20~30分以上を心がけましょう。
有酸素運動は20分以上行った方が、効率よく脂質をエネルギー
として使われて燃焼されやすくなるからです。

ともかく習慣づけることが重要だ。歩くことが習慣になってしまうと、意識しなくても歩くようになる。

サラリーマンの方は会社の中で、出来るだけエレベーターをつかわないとか、近くに買い物に行く時は車や自転車ではなく歩くようにすれば苦痛なく、自然にウォーキングを習慣づけることができる。

1 2