1. まとめトップ

いつ自分が死んでもいい 一生分のラブレターを ギターポップバンド ウソツキ

2011年2月に活動。2012年3月に5曲入り自主制作盤『雨降るバス停』。2013年4人編成。2014年6月ミニアルバム「金星人に恋をした」をDAIZAWA RECORDS/UK.PROJECTからリリース。2015年1月21日セカンドミニアルバム「新木場発、銀河鉄道は行く。」をリリース。

更新日: 2016年08月14日

5 お気に入り 3573 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pianorockさん

『恋というものには賞味期限があるらしい』っていうのをネットで見て、1回絶望しまして。どうやら好きだっていう気持ちの元になるホルモンがあって、それは必ずなくなるものらしいんですよ。いつかは終わってしまうものだと。そしたらそこのコメント欄に『いつかは終わってしまうものなら私は恋なんてしたくない』とか『恋をすることに意味はあるのか』とかネガティブな意見が並んでいて。僕もそういうふうに考えてしまいがちなんですけど、だけど『そうじゃないでしょ』って歌では言いたくて。だからこの曲も、そのコメント欄に対するアンチですよね。『じゃあ何回だって恋したらいいんじゃないですか』『何回だって告白したらいいんじゃないですか』と」

1