1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

二度とギターを弾けない?U2のボノの怪我が深刻...。

ロックグループ「U2」のボーカルで、社会活動家としても知られるボノさん(54)は2日、自らのウェブサイトで、昨年11月の自転車事故で腕を複雑骨折し「再びギターを演奏できるか分からない」と明かした。

更新日: 2015年01月04日

2 お気に入り 14826 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

先月自転車事故で大怪我をしたU2のボノ

ニューヨーク・セントラルパークでの事故は、別の自転車を避けようとして発生。ボノは顔や腕などを骨折し、手術を受けた。

病院によれば、ボノ氏は、自転車でセントラルパークを走っていた際、別の自転車を避けようとして「かなりの勢いで」事故にあったという。

かなりの怪我だった

市内の病院に運ばれ、顔面の骨折、左腕の複雑骨折などで手術を受けた。翌日も骨折した左手小指を手術した。

ボノは緊急で手術室まで運ばれ、肘の関節を切開して患部を洗浄して修復し、損傷に巻き込まれた神経組織をほぐし、骨は鉄板3枚とボルト18本を使って固定しました。

このほかにもボノは肩甲骨に3か所亀裂骨折を負い、また、翌日には掌の部分の骨にあたる中手骨の手術も受けなければならなかったという。

大怪我だが、ジ・エッジは、幸いなことにボノはヘルメットをかぶっていたのでさらに酷いことになり兼ねなかったのを避けられたと話した。

想像以上に深刻な状態

金属で固定された骨折部分のエックス線写真を公開し「回復は想像していた以上に難しい」と述べた。

ボノさんは事故の衝撃で気を失ったといい「自分自身以外の誰も責めることはできない」と説明。

二度とギターを弾けない?

ボノ(54)はU2のウェブサイト上の元日のブログで「回復は思っていたより難しい」とし、「これを書いている時点で、再びギターを弾けるようになるかはっきりしない」と付け加えた。

ボノ本人は弱気になっており「またギター演奏ができる日が来るのか、俺には分からない」と明かしている。

仮に演奏が不可能となったら、個人的には愛用のギターのフレットの指の感触を失うことが非常にさびしくなるだろうとも述べた。

当面は治療に専念するという。

ボノは少なくとも半年間は怪我の治療に専念する予定だという。

「あの事故の影響はかなり重くて。U2のツアーに出る準備のために、俺は懸命に努力しなければならない。そのために、俺は人前に出る仕事を半年分キャンセルしたよ。2015年の前半は、このメッセージを出すのが精いっぱい。後はボソボソ喋ったり、ひとりで歌うくらいだな。」と語っている

今後については治療に集中すると強調。体調を取り戻してU2のツアーに臨む準備をしたいとの抱負を語った。このため2015年の前半に予定していた公の場への出番全てをキャンセルしたことも明らかにした。

今年前半は全ての予定をキャンセルし、U2ツアーに備えるという。次回コンサートは5月14日にバンクーバーで予定され、チケットは完売している。

1