1. まとめトップ

医師や薬剤師が飲んでいる花粉症の薬は何か?【アレグラ】【ザイザル】【アレロック】

毎年くりかえされる花粉症。近年は花粉が飛散する前から治療を始めて症状の進行を防ぐ「初期療法」(または初期治療)が定着してきています。症状のない早い段階から薬で治療し、重症化を防ごうというものです。

更新日: 2016年01月23日

chemnoteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
96 お気に入り 744007 view
お気に入り追加

医師に人気な花粉症薬は、人気順にアレグラ、ザイザル、アレロック

1,花粉症薬は、商品名、アレグラ、ザイザル、アレロックが人気
2,最近の薬は眠くなりにくい第二世代の抗ヒスタミン剤が主流。昔飲んでダメだった人も試してみるべし
3,花粉が飛び始める前に飲み始めると効果が高いと思われている。
4,個人によって効果が異なるので、合わなければ別なタイプを試してみるべし
5,時間や値段を気にする人は、市販薬やジェネリック医薬品を試してみるべし

花粉症の予防

近年は花粉が飛散する前から治療を始めて症状の進行を防ぐ「初期療法」(または初期治療)が定着してきています。症状のない早い段階から薬で治療し、重症化を防ごうというものです。

抗アレルギー作用を持つ第二世代抗ヒスタミン薬は、飲んですぐ効くというものではありません。効果が安定するまで2~4週間程度かかりますので、通常は花粉が飛散する1~2週間前から服用し、花粉の飛散が終わるまで飲み続ける必要があります。

花粉症の医師の8割近くは、シーズン中に抗ヒスタミン薬を飲んでいる。

「医師は自分自身の花粉症の治療のために、どんな薬をチョイスをしているのか」をテーマに、ミニアンケートを実施してみた。

花粉症症状を抑えるために抗ヒスタミン薬を服用しているのは810人(全体の41.6%、花粉症医師の75.9%)に上った。

しかし、人によって異なる効果的な薬の種類

今処方してもらっている薬が効かなければ、上記で述べてきた薬を参考に、○○の薬を処方して欲しい!と言っていろいろ試してみるのが良いと思います。きっと自分と相性の良い薬が見つかると思います。

医師に人気の花粉症薬

一番人気は、2位以下を大きく引き離してフェキソフェナジン(商品名アレグラほか)。これに、レボセチリジン(ザイザル)、オロパタジン(アレロックほか)が続いた。

最近の薬は眠くなりにくいとされる、第二世代抗ヒスタミン薬

第二世代抗ヒスタミン薬(だいにせだいこうひすたみんやく)とは、抗ヒスタミン薬のうち、1983年以降に発売されたもので、それ以前から用いられていた塩酸ジフェンヒドラミン(商品名:レスタミン・ベナ・ドリエル)やd-クロルフェニラミンマレイン酸塩(商品名:ポララミン)などの第一世代抗ヒスタミン薬と比較して、眠気などの中枢神経抑制作用や、口渇や胸やけなどの抗コリン作用などの副作用の少ないものを言う。

▼最近よく処方される3つの第二世代抗ヒスタミン薬

アレグラ

アレグラは、アレルギーの原因となる物質(ヒスタミンなど)の作用を抑える抗ヒスタミン薬です。

眠気が最も出にくい薬の一つとされている。

http://www.allegra.jp/feature.html

花粉症対策薬の副作用として有名なものは「眠気」だが、アレグラに関しては眠気が起きにくいと言われている。眠気に関する注意文言がない花粉症処方薬は、今のところアレグラとクラリチンの2つだけだ。

アレグラのジェネリック医薬品も売られている。ジェネリックのほうが値段が安い。

2012年11月には日本でスイッチOTC(一般用医薬品)「アレグラFX」が久光製薬から発売された。
医療用のものと同成分が、含まれている。医師の診断などは必要なく、薬剤師のいる薬局、薬店でも購入可能。

ザイザル(比較的新しい)

眠気が出にくく1日に一回の服用で済むことで飲み忘れが、防止できます。2010年に発売された新しい薬なので、今まで飲んでも効かなかった人向けです。

成分としては「ジルテック」の効果がある方の光学異性体を分離したものです。その分、ジルテックよりも副作用が少ない割に利きやすくなっていると言われています。

日本では、まだジェネリックが発売されていない。その分、お高め。

医師、薬剤師、服用者の主な声を総合すると、ザイザルは眠気が少ないといわれるアレグラやクラリチンよりも効き目は強いが眠気もあるという評価。 1日1回の服用でよいので使いやすく、アレグラよりも1日辺りの薬価が安いのが利点。

コストだけを考慮するならば、ジルテックの後発品のセチリジン塩酸塩がある。1日薬価はザイザルの半額。ザイザルよりも眠くなりやすい。

ザイザルの使用感としては、先行のジルテックより眠気は少ないように思います。眠気についても8-9割の方はないようです(気にしていない? 我慢できている?人も含まれているでしょう)

ザイザルを処方している医師の感想

1 2





科学(特に化学その中でも有機化学)、学校(特に大学)、就職、ライフハックなどをまとめています。
https://twitter.com/chemnote1

このまとめに参加する